参院選の秋田・新潟選挙区で安倍首相が“動く減票マシーン”と化した理由

安倍首相、菅官房長官が入って総力戦の秋田選挙区で、自民党が敗北

安倍首相秋田

自民党公認の中泉松司候補の応援演説を行う安倍首相

「ネタ切れのオワコン芸人のような応援演説しかできない安倍首相は、参院選激戦区で“動く減票マシーン”と化した」  こう確信したのは、参院選投開票日の7月21日。安倍首相が2回応援演説に入った参院選秋田選挙区で、野党統一候補の寺田静氏が、自民公認・公明推薦の中泉松司候補に約2万票差で勝利した時のことだ。  選挙最終日の20日に2回目の秋田入りをした安倍首相は大票田の秋田市で、知事を輩出した地元政治家一家の寺田氏を「秋田の政治のど真ん中にいた一族」と繰り返しながら、次のように中泉氏への支持を呼びかけたが、及ばなかったのだ。 「相手候補、まさにこの秋田県の政治のど真ん中にずっといた『一族』の皆様であります(聴衆から笑い)。知事をやっていた人もいる。あるいは(夫の学氏は)現職の衆院議員で、あの菅直人さんの補佐官も務めていた」 「厳しい、厳しい戦いであります。相手の『一族』という大きな壁がある。この壁を乗り越える。打ち破るために中泉さん、全力で頑張っている。打ち破れないことはありません。心を一つにすれば、乗り越えられない壁はない。皆さん、今日、逆転しようじゃありませんか」  しかも与党側は菅官房長官が同日午後から秋田入りし、県北3か所で応援演説をするという“全力投球”をしていたが、「アリが巨象を倒した」と評されるような大金星を相手候補に献上することになったのだ。

安倍首相が2回応援演説に入った8選挙区の戦績は2勝6敗

安倍首相新潟

新潟選挙区で塚田一郎候補の応援演説を行う安倍首相

 イージス・アショア配備が争点となった秋田選挙区だけではない。“忖度発言”で国交副大臣を辞任した塚田一郎候補と野党統一候補の打越さくら氏が激戦を繰り広げていた新潟選挙区にも、安倍首相は2回も足を運んだ。 「(塚田氏は)新潟生まれ新潟育ち」「拉致問題解決に欠かせない」と安倍首相は訴えたが、北海道旭川市生まれの落下傘候補で新潟では無名に等しかった打越氏に、まさかの敗北を喫したのだ。  秋田や新潟をはじめ安倍首相が2回応援演説に入った8選挙区の戦績は2勝6敗。テコ入れが功を奏して競り勝つどころか、逆に“動く減票マシーン”と化して野党系に敗北する1人区が相次いだのだ。
次のページ 
野党候補の追い風となった安倍首相発言
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right