27歳で50万を5000万円に!? 若き兼業投資家が注目する「恐怖指数」とは

 日経平均は平成最後の4月相場で2万2000円を回復したものの、その後下げ調子。米中衝突で主要通貨も下げ基調。買えば儲かる金融商品はまず見当たらない。こんな状況で稼ぐには売りしかない。下げ相場でも稼ぎ倒すカラ売りマスターたちの手法を魂に刻むべし!

イラスト/平戸三平

恐怖指数で資産5000万円!? リスクオフに備えたVIX売り

「最近はイベントがないため、令和関連銘柄をカラ売りしていました」  そう話すのは兼業投資家のあやたか氏。会社員として働きながら、元手50万円から約5000万円の資産を築いた27歳のスゴ腕だ。 「投資を始めたのは’12年。最初はバリュー株投資への中長期投資でした。アベノミクス株高が追い風になったこともあり、3年ほどで1000万円まで資産を増やすことができた。でも、自分に投資センスがあるとは思いません。人よりも優れた点があるとすれば手法の数、でしょうか」  バリュー投資から始めたあやたか氏だが、短期取引やカラ売りにも手を伸ばしていき、独特な着眼点から新たな手法を次々に生み出していく。 「例えば、ノーベル賞関連銘柄のカラ売り。ノーベル文学賞の発表が近づくと村上春樹さんの受賞期待で文教堂などの関連銘柄が買われやすくなります。しかし、村上さんが受賞できないと失望売りが出る。だから、発表前に高値をつけたらカラ売りしていました。今は債務超過のため信用取引に規制がかけられてしまいましたが……」  当初は株式市場を主戦場としたあやたか氏だが、現在のメインは違う。 「ターニングポイントとなったのは’16年。VIX指数との出合いです」

VIX指数が急騰しても通過すればすぐに落ち着く

 米国の代表的な株価指数であるS&P500をもとに算出されるVIX指数は別名「恐怖指数」。金融市場がリスクオフになれば上昇する。 「VIX指数を知ったのはEU離脱を問う英国民投票の直前でした。当時は『残留だろう』というムードでVIX指数が上昇していました。そこで試しに売ってみたところ、まさかの離脱となりストップ高に。ところが、翌日には材料出尽くしで下落したんです」  イベントでVIX指数が急騰しても通過すればすぐに落ち着く―英国民投票での値動きから、あやたか氏はチャンスの匂いを嗅ぎ取った。

VIX指数は平時は10~20ポイントで推移しているが「〇〇ショック」などの金融不安が発生すると一気に急騰。リーマンショック時には瞬間的に90ポイント近くまで上昇した

「VIX指数は急騰することがあっても高止まりすることはない。もとの水準へと戻ります。つまり資金管理をしっかり行えば、イベント時の急騰を狙った売りが有効だと思ったんです。この戦略を実行できたのが米大統領選挙。トランプ当選のサプライズでVIX指数は急騰しましたが、やはりすぐに落ち着いた。少しずつ売り上がっていたポジションが功を奏しました」
次のページ 
VIX指数のチャートは独特
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right