不動産投資に「始めどき」はあるのか? 最初の一歩の注意点とは?

サラリーマンこそ不動産投資をするべき理由とは?

 実際に会社員が本業の傍ら、取り組む投資として「不動産投資」にはどういった魅力があるのか。本業である経営コンサルタントとして活躍する一方、不動産投資家としても年間2000万円を超える家賃収入を得ている中沢光昭氏はそのメリットを次のように語る。

かぼちゃの馬車を巡る一連の騒動後、銀行融資については厳格化が進んだ一方、不動産投資に対して関心を持つサラリーマンは増加の一途を辿っている

「株やFXなど、ほかの金融商品と違い、収入が固定的に追加できることが何よりの魅力。例えば毎月連続して5万円以上勝ち続けたり、会社員が給料を月5万円上げたりするのは大変ですが、不動産投資ではさほど難しいことではありません。何より嬉しいのは不動産を買うと、借金はその不動産自身がコツコツと返してくれるわけです」  加えて、本業を邪魔しない点も副業として魅力的だと指摘。 「価格の変動や急な対応を求められることが少ないため、仕事に集中できなくなる危険性がほかの投資よりも圧倒的に低いです」

そもそも不動産投資に“始めどき”はあるのか?

 かねてから東京オリンピック後の地価下落を指摘する声もあるが、そもそも現在は不動産投資の始めどきとしては適当なのか。 「不動産に“始めどき”は特にありません。正確に言えば、誰にもわからない。これから下がると思って待つのも『安く買う機会を探る』ことだけを見れば正しく感じます。しかし、いい物件があったら、さっさと買ってしまったほうが、物件自体が勝手に収益を生み出し、より早く負債を減らしていってくれます」  早く始めることにメリットがあっても“最初の一歩”は容易ではない。不動産投資デビューに際して、注意すべき点はどこなのか。
次のページ 
ほどほどに信用せず、ほどほどに頼る
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right