「いいね」の圧力にインスタが英断!? 「いいね」数非表示化をカナダでテスト

柳井政和
instagram image

raphaelsilva via Pixabay

Instagramが「いいね!」の非表示をカナダでテスト

 Instagramが「いいね!」数を非表示にするテストをカナダでおこなうというニュースが、ゴールデンウィークの時期に流れてきた(TechCrunch Japan)。その後、カナダではテストが開始されて、コントロールされた集団で非表示状態になったそうだ(HuffPost Canada)。  こうしたことをおこなう背景には、SNSのメンタルヘルスへの悪影響が懸念されていることが関係している。SNSは中毒性を持ち、人々の行動や精神を支配する。  2019年にアメリカ心理学会によって発表された報告書によると、うつ病や心理的苦痛の割合が、若年層で上昇している。その背景には、ソーシャルメディアや電子通信に費やされる時間の増加が関係している可能性があるそうだ(The Washington Post)。  Instagramのメンタルヘルスへの悪影響は、2016年のカリフォルニア大学ロサンジェルス校による研究(WIRED.jp)や、2017年のイギリスのRoyal Society for Public Healthの研究(BBC News)でも指摘されている。昨日今日言われ始めたことではなく、現代社会の病理の一つとして認識されている。

「いいね!」は現代のスロットマシーン

 さて、「いいね!」とは何だろうか? 「いいね!」は、ある投稿に対して「好きである」「好意的である」「肯定的である」と思った際にクリックするボタンだ。写真や記事の投稿者側から見れば、その投票数を見ることで、自分の投稿に対するフィードバックを、数値(得点)として得るツールだと言える。  ちょうど今月読んだ『ゲーマーズブレイン』という本がある。著者は心理学の博士号を取得したUXの専門家で「フォートナイト」などのゲームに関わっている。  その本に「断続的対価」についての説明がある。人は、継続的に与えられる対価(特定の行動に対して常に対価が出る)よりも、断続的に与えられる対価(特定の行動に対して時々対価が出る)の方が、大きく影響を受けるそうだ。  こうした特性は人間だけでなくネズミにもある。レバーを押すと餌が出る機械では、毎回出るよりも、間隔を置いて出る方が熱心に押す。人がスロットマシーンにはまりやすいのは、このような脳の仕組みが関係している。  SNSの「いいね!」の数字は、投稿者側から見ると、ちょうどこのスロットマシーンのような数値表示機械になっている。少ない「いいね!」や、ちょっと多い「いいね!」が続いたあと、多い「いいね!」が付いて興奮する。  毎回同じ「いいね!」の数ならば、人は簡単に飽きる。得点に波があることが、脳をハックして人を夢中にさせる仕掛けになっている。  このように、脳の仕組みを利用して中毒性を与える行為は、ソーシャルゲームの「ガチャ」を彷彿とさせる。各種SNSに「いいね!」的な機能が付いているのは、メジャーSNSの単なる模倣ではない。投稿をおこなうこと自体が、スロットマシーンのレバーを引く行為になり、脳を刺激して継続的な利用を促すからである。  この「いいね!」スロットマシーンの影響は、若年層ほど深刻だ。SNSの利用者は、スロットマシーンでよい得点を出そうとして人生を切り売りする。若い人が、自分の人生を賭け金にしてスロットマシーンのレバーを引き続ければ、精神に悪影響を受けることは容易に想像が付く。 「いいね!」の数字を隠す実験は、こうした脳を騙す仕掛けを、いったん取り除いて、メンタルヘルスにどれぐらいの影響があるか、そしてビジネスとして成立するのかを確認するということだ。
次のページ 
イージーな「自己実現」
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right