原田環境大臣、就任前に杉田水脈議員との講演会で韓国大統領を「文鮮明」と失言<政界宗教汚染~安倍政権と問題教団の歪な共存関係・第12回>

原田義昭環境相

韓国の大統領を「文鮮明」と痛恨の言い間違い

 2018年10月2日に発足した第4次安倍改造内閣。環境大臣に抜擢されたのは統一教会(世界平和統一家庭連合)と昵懇関係にある代議士だった。この議員は初入閣直前、杉田水脈議員らと出演した講演会で韓国の大統領の名前を「文在寅」ではなく統一教会の教祖である「文鮮明」と言い間違え、教団との親密さを伺わせた。筆者は講演後の失言代議士を直撃、その際に現環境大臣が見せた意外過ぎる反応とは。  そしてこの時期に同教団の青年大会に連続して来賓出席し「文鮮明先生に感銘し学習をさせていただいておる」と挨拶した恥ずべき政治家も判明した。

厳戒態勢の杉田水脈講演会

 2018年9月19日、筆者は保守系団体『南京戦の真実を追求する会』の主催する講演会に赴いた。登壇者は杉田水脈、中山成彬、原田義昭という3人の代議士。講演会の題目は「外務省目覚めよ!南京事件はなかった」というもの。
原田・杉田・中山

保守系団体の集会で講演した3人の国会議員。左から原田義昭、杉田水脈、中山成彬

『新潮45』2018年8月号に掲載された杉田の寄稿文『LGBT支援の度が過ぎる』の中の「彼ら彼女らは子どもを作らない、つまり『生産性』がないのです」との記述が社会問題となって以降、公の場での発言をほとんどしていなかった杉田が登壇するとあって、会場は厳戒態勢。講演に先立って司会者から撮影や録音を禁止するとの旨が告げられた。  しかしながら、入場料を徴収するイベントで講演する国会議員に関し、そのような制限を課すのはおかしなことだ。筆者は主催者サイドのアナウンスを聴き流し、取材活動を行った。
支援者を前に講演する杉田議員

「わたくし、大丈夫でございます!」支援者を前に講演する杉田議員

 杉田に関しては今年4月、当連載の第10回で言及した国際勝共連合のダミー組織・熊本ピュアフォーラムが主催した会で講演し、自民党の地方議員らとパネルディスカッションを行っている。その経緯については杉田事務所の見解を含め、今後の記事で取り上げる。

目的は杉田水脈ではなく原田義昭

 但しこの段階、つまり2018年9月の時点で筆者が取材対象としていたのは杉田ではなかった。筆者の目的は、登壇者の一人である原田義昭衆議院議員(自民党・福岡5区)だ。  自民党の歴史認識問題を担う「国際情報検討委員会」委員長という役職にあった原田だが、筆者は歴史認識問題で原田を追ってきたわけではない。予てから原田が統一教会・家庭連合と昵懇関係にあることを掴み、直接問い質す機会を狙っていたのだ。  原田は数年来、教団が安倍政権礼賛と憲法改正の後押しのため2世信者に行わせている政治組織・勝共UNITEによる福岡での集会に複数回来賓として参加している他、2018年8月、教団が開催した『PEACEROAD』なるプロジェクトの九州大会の全体会議で演説もしている。  また、同月上旬ブラジル・サンパウロで教団やそのフロント組織が開いた『UPFラテンアメリカサミット2018』『中南米希望前進大会/中南米ファミリィフェスティバル2018』自民党衆議院議員穴見陽一や田畑毅(当時)らと参加している。
原田、穴見、田畑ら

統一教会関連のイベントに出席する原田議員。教団幹部と共に写る穴見陽一や田畑毅の姿も(矢印は筆者によるもの)(平和大使協議会HP及び原田議員のFBより)

 そんな原田だが、9月19日の講演、同教団と昵懇関係にある彼は直近の世界情勢に触れた場面で痛恨の言い間違いを犯す。 「先日、金正恩(キムジョンオン)と文鮮明(ブンセンメイ)さんが会談しまして」  韓国の文在寅大統領を統一教会の教祖・文鮮明と混同、言い間違えてしまったのだ。その後は「金正恩と文在寅(ムン・ジェイン)」と、そつなく発言していた。
次のページ 
言い間違いを指摘された原田現環境大臣驚愕のリアクションは……
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right