タイ人に人気の「上野」。インバウンド獲得のための地道なPR戦略

高田胤臣
TITF

競り市みたいなPRをするブースもあるなど、TITFはちょっとした祭りだ

タイ人の旅行先選定の決め手にもなるタイ最大の旅行フェア

 タイの日本観光人気は相変わらず衰えを知らず、日本の観光業界もタイ人誘致にかなり力を入れている。特にその舞台になるのが、タイ最大の旅行フェアとされる「Thai International Travel Fair(タイ国際旅行博)」(TITF)である。  TITFは「タイ旅行業協会」が主催する旅行博覧会で、毎年2回、2月と7月もしくは8月にタイの首都バンコクで開催される。参加企業は旅行代理店のほか、ホテル、航空会社、さらには小売業者まであり、毎回来場者だけでなく参加企業にとっても大きなイベントになる。自社商品や観光地を紹介するだけでなく、一般消費者に向けた旅行関連商品の即売会という側面も強いイベントで、来場するタイ人も旅行に行く期間と予算だけは決めているが、どこに行くかはここで決めるつもりで来場している人が多い。会場に来ているということは高確率でお金を落としてくれる客というのが明白なのもまた出展者のメリットになる。

タイ人に人気の上野にあるホテルも出展

 2019年の最初の開催は、バンコク中心地にある「クイーンシリキット・ナショナル・コンベンションセンター」の第24回TITFだった。ここには「日本旅行ブームに湧くタイ。もっとも人気なスポットは「上野」の何故?」で紹介した、東京・上野にあるタイ人に人気の宿「上野NEW伊豆ホテル」も初めて参加しており、密着取材をさせてもらった。現在も同ホテルはタイ人宿泊客が90%以上を占めるので、タイ人誘致は商売の要である。これまではタイ人の口コミに頼る受動的なビジネスだったが、今年は能動的にタイ人にPRしようと、自らタイに乗り込んできた。
「上野NEW伊豆ホテル」のブース

「上野NEW伊豆ホテル」のブース。タイ人の目に留まるように、SNSへの導線を手作り看板にした

 今回「上野NEW伊豆ホテル」の代表として来たのは創業者の孫にあたる河野明子さんだ。タイ人は会社員であっても自由に有休を取得するため、どのシーズンでも気ままに旅行する。ホテルも常にタイ人が多く忙しいが、その合間を縫ってバンコクに来た。今回はタイ人誘致が大きな目的ではあるが、経営者本人の目でタイの様子を確認し、それを誘致や運営計画に取り入れるつもりもあった。PRの手法はタイ語のチラシを配り、タイ人の利用者が多い「Facebook」のファンページを駆使して「上野NEW伊豆ホテル」の名前をさらに知ってもらうというわけだ。
ブース内側

ブース内側から見た様子。来場者の大半の目的が明白なのもTITFの特徴と魅力だ

「上野NEW伊豆ホテル」が立ったブースは実際には独自で借りたものではなく、交通やホテルを専門にインバウンド・プロモーションを行う「株式会社オーエイチ」のブースに間借りする形だ。同社の海外プロモーションを担当する杉山裕美さんが中心となり、数社で参加し、効率よくプロモーションを行った。
次のページ 
紫色でおなじみのあのお店も
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right