難民申請が認められず無期限収容、精神崩壊まで追い詰められたクルド人男性

「殺すなら一気に殺せ!」体中を刃物で切り刻む

 2018年9月、Hさんの自傷行為が始まった。収容に耐えられなくなったHさんを含む3人のクルド人が「殺すなら一気に殺せ!」と入管職員に対し叫び、暴れ、体中を刃物で切り刻んだのだ。  見ていた被収容者たちの話によると、床は血だらけだったとのことだった。その後すぐに手当てを受けたが、それぞれ懲罰房に入れられてしまった。  筆者は3人に面会した。彼らは、どんな刃物を使ったかなどについては覚えていなかった(同室の人たちは「CDを割ったのでは?」と推測している)。  それ以来Hさんはすっかり元気をなくして、ふさぎ気味になってしまった。いつまでたっても解放されることはなく、ついに1年が過ぎた。赤ちゃんだった娘は、触れ合うこともないまま少しずつ大きくなっていた。

娘の服を抱きしめて寝ているHさん

筆者のインタビューに答えるHさんの妻

筆者のインタビューに答えるHさんの妻

 2019年4月、再びHさんに異変が起きた。もう何度目になるかわからない仮放免申請の却下で、Hさんはパニックを起こして暴れ出した。それから、暴れては懲罰房に入るということを繰り返すようになった。  Hさんと同じブロックの周りの被収容者に聞くと、みなとても心配して気遣っている様子だった。 「Hさんが自傷行為を繰り返している。5月末は娘の2歳の誕生日らしい。『それまでに出られなければ死ぬ』と言っていました」 「娘の服を抱きしめて寝ています。もう会話もほとんどできません」  Hさんの義姉は、面会した時のことをこう語る。 「Hは何か服のようなものを抱えていました。『それは何?』と聞くと、『私の娘です』と答えました。それを聞いたとき涙がこぼれそうになりました……。Hは変わってしまった、目も合わせず、ずっと下をむいている」
次のページ 
難民だから帰れないで日本にいる
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right