タイで摘発された「振り込め詐欺グループ」アジトの、「そりゃバレる」理由

パタヤ

パタヤでは振り込め詐欺の事件以外にも、暴行事件や盗難など様々な事件が起きているので注意したい

変化するタイの日本人

 タイには昔から「変人」と呼ばれるような日本人がいた。だいたいそういった人物は見た目も言動もすべてが常軌を逸しているので、遠目に見るだけで普通ではないとわかったものだ。わかりやすいので、ある意味ではつき合いやすいとも言えた。  しかし、今は普通に見えても内面に悪意を隠している日本人が増えた。見た目では判断できず、また狡猾になっているため、本性をなかなか現さないものだから、周囲の日本人社会の評価を聞いてその人物を判断しなければならないことも多い。  その中で暴力団関係者は特に増えたような気がする。これまでもバンコクに暴力団関係の日本人は少なくなかった。ただ、以前はフィリピンの方が圧倒的に多いイメージで、タイはそれほど多くはなかっただろう。しかし、近年は直接の構成員だけでなく、いわゆるフロント企業(企業舎弟)などもタイに進出しており、日本人の善し悪しを外見で判断できなくなっている。

パタヤの「振り込め詐欺」拠点摘発

 こういったこともあり、日本人の犯罪が増えている中、先日3月30日にはタイ東部のリゾート地パタヤで振り込め詐欺のアジトが摘発された。若い人が使いぱしりでやらされているというイメージを持っていたが、50代の逮捕者もあり、年齢層に幅があった。  彼らは当初、パタヤでスカウトされたと供述したようだが、おそらくそれもマニュアル通りだったと見られる。これを受けてか、在タイ日本大使館は4月26日に、大使館に登録する在留日本人に「【広域情報】特殊詐欺事件に関する注意喚起(加害者にならないために)」という一斉メールで注意喚起を送っている。おそらく他国の大使館も送っていると見られる内容で、要するに「海外で短期間で高収入」につられて渡航すると「かけ子」にさせられるぞという注意である。
日本人は結構目立つ

「パタヤでスカウトされた」というのはおそらく嘘だ。パタヤでそんなことをすれば、さすがに目立つからだ

 このタイの事件で逮捕された「かけ子」たちもリゾートに拠点を構えながらも自由に外出できたわけでもなさそうで、奴隷さながらに働かされていたようだ。甘い言葉に乗ってきた罰が当たったというわけか。
ビーチ・リゾート

せっかくのビーチ・リゾートで奴隷生活とは犯人たちの自業自得でもある

 ここ数年で振り込め詐欺の拠点が海外になっているという噂は増えてきていた。日本の警察の摘発を逃れるためにわざわざ犯人らが拠点として選んだそんなパタヤとはいったいどんな街なのだろうか。
次のページ 
アジトがあったパタヤの街とは?
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right