年収1億円は2万人以上!? 資産億超えを成し遂げる人は何が違うのか?

イラスト/サダ

億万長者はエリートにあらず! 一攫千金を成す人の意外な共通点

 ついに令和を迎え、新たな時代の幕開けに慶祝ムードが高まっている。  一方でサラリーマンの懐はどうか。減らない残業、相次ぐ値上げ、増えるばかりの税金と社会保障費で可処分所得は減るばかり。財務状況は依然、厳しいままだ。  しかしそんななか、着実に資産を増やしている“勝ち組”がいるのもまた事実。年収1000万円はおろか、1億円を稼ぐ猛者もおり、その数も右肩上がりに増加している現状がある。 「国税庁が発表した統計年報によると’17年に年収1億円以上を稼いだ人の数は2万3250人。日本国内の就労者人口が6552万人なので、全就労者の0.031%の割合です」  そう語るのは、フィスコリサーチレポーターとして日々多くの富裕層と接する馬渕磨理子氏。

<年収1億円overの職業の割合>

株・為替などのトレーダー 56.4% 超一流企業の給与所得者 31.8% 事業所得者 7.8% 不動産所有者 2.8% 作家・ミュージシャン 1.2% ’17年度の国税庁統計年報より、所得区分から職業を類推し作成。高給取りの医者や弁護士も組織の長にならない限り、年収1億円は不可能。最も効率が良い職業がトレーダーの様子

年収1億円overの職業の割合

 特筆すべきは、今の日本で勝ち上がるのは圧倒的にトレーダーが有利という点だと語る。 「年収1億円以上の人の職種内訳を見ると、株やFXなどのトレーダーが過半数を占めています。労働市場では勝ち組とされる上場企業の役員ですら、その実、年収は800万円程度だったりしますから、給与所得だけで資産を増やすのは現実には厳しい。そもそも組織を率いて企業を経営する能力と、儲けを出して稼ぐ能力は別のもの。個人で財を成すには、トレーダーは魅力的な職業です」
次のページ 
億プレーヤーは’08年以降増加傾向
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right