北海道知事選、与党候補の鈴木直道・前夕張市長が自民党の常套手段、“争点隠し”の選挙戦を展開

鈴木直道候補 (Large)

北海道知事選告示日の3月21日、被災地の安平町で第一声をあげた鈴木直道候補(左端)

菅官房長官&創価学会佐藤副会長コンビ再び

 統一選地方選唯一の与野党激突の構図となった「北海道知事選(4月7日投開票)」が3月21日に告示され、“菅(義偉官房長官)チルドレン”の異名をとる鈴木直道・前夕張市長(自民・公明・新党大地推薦)と野党統一候補の石川知裕・元衆院議員(立憲民主・国民民主・共産・社民・自由推薦)の一騎打ちが始まった。  重要な選挙で安倍自公政権の“司令塔役”をしてきた菅官房長官と創価学会の佐藤浩副会長コンビは北海道知事選でも、地元自民党道連から候補選考権を奪い取るような形で鈴木氏擁立を既成事実化した。

新潟県知事選・沖縄県知事選を担当した選挙プランナーの影

石川候補

3月10日、石川候補(中央)の札幌街宣では横路元知事(右)と上田前札幌市長(左)が応援演説を行った

 鈴木候補の選挙参謀役をしていたのが、菅官房長官の“懐刀”として知られる選挙プランナーの三浦博史氏だ。泉田裕彦・元新潟県知事(現・自民党衆院議員)が全国最年少知事となった知事選でも選挙参謀を務めていた。去年6月の新潟県知事選や9月の沖縄県知事選でも自公推薦候補で現地に張り付いていた。  鈴木・前夕張市長はトーク術も抜群で「夕張ではジャニーズ並の人気」(地元市議)という。知事選でも使うキャッチフレーズは「ピンチをチャンスに変える」だが、高校時代に父親が離婚して出て行き大学進学を断念、18歳で都庁職員となるが、仕事をしながら法政大学夜間部の卒業後、財政破綻をした夕張に派遣されたことが成功物語の第一歩となった。  8年前の夕張市長選への出馬を決意して全国最年少市長になると、2期8年の間に財政再建に取り組みながら同じ法政大学卒で苦学生でもある菅官房長官との太いパイプを築き、官邸主導で与党系知事選候補になったのだ。  まさにピンチ(逆境)を乗り越えてチャンスに変えたといえるが、同時に官邸主導で産み落とされた“菅チルドレン”としての宿命を背負ったともいえる。
次のページ 
北海道にとって大きな争点であるカジノ、泊原発、JR北海道には触れず
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right