北方領土交渉で2島返還を急ぐ安倍政権、遅延戦術のロシアにつけ込まれて国益を損なう!?

北方領土返還要求全国大会で挨拶をする安倍首相

北方領土返還要求全国大会で挨拶をする安倍首相。「4島返還」「固有の領土」と言う表現は消え去り、会場周辺では右翼の街宣車が安倍首相批判をしていた

「北方領土の日」の2月7日、北方領土返還を求める全国大会が開かれた国立劇場周辺は、騒然とした雰囲気に包まれていた。「北方領土奪還!!」と掲げる右翼の街宣車が走り回り、2島返還に傾く安倍首相を批判していたのだ。  実際、安倍首相は全国大会の挨拶で「領土問題を解決して平和条約を締結する」と意気込んだものの、「日本固有の領土」や「北方4島の帰属」といった表現は封印。30分も経たないうちに首相が退席した後、元島民代表が「4島返還のメッセージが影をひそめた」と語った途端、大きな拍手が沸き起こった。2島返還に方針変更をした安倍政権に対する元島民の怒りが垣間見えた瞬間だった。

ロシアは急いでいないが、安倍政権は急いでいる

 翌8日の『毎日新聞』は社説で「『北方領土の日』と安倍首相 立脚点の後退が目につく」という見出しで、「70年以上も『その時』を待ちわびる元島民の思いをないがしろにし、レガシーづくりがあからさまになれば、安倍首相への突き上げが強まるのは必至だ」と指摘した。  約2年前の2016年12月のプーチン大統領の訪日と瓜二つの状況となってきた。この時も、安倍首相は2島返還を勝ち取って“北方領土解散・総選挙”に打って出ようとした。今回も6月に大阪で開かれるG20で2島返還の目途をつけて自らのレガシーにすると同時に、その勢いに乗って7月の参院選(あるいは衆参ダブル選挙)に勝利しようと目論んでいると思われる。  当時取材したロシアウォッチャーは「国益を損ないかねない最低レベルの領土交渉」とコメント、次のように酷評していた。 「ロシア側に『解散狙い』と手の内をばらした時点でダメです。『安倍政権が北方領土返還を総選挙の目玉にするのなら、思いっきり要求レベルを上げてカネを引き出そう』とロシア側は考えるからです」 「当分は様子見をすべきです。そして『日本は急いでいないが、ロシアは急いでいる』という状況になるまで待つことが重要なのです」  しかし今の状態も全く逆で、「ロシアは急いでいないが、日本(安倍政権)は急いでいる」という状況だ。ロシア側は当然、「安倍政権が北方領土返還を参院選(あるいは衆参ダブル選)の目玉にしようとするのなら、要求レベルを引き上げよう」と考えるに違いない。
次のページ 
6月の大筋合意はあり得るのか?
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right