「これは沖縄県民だけの問題ではない」。辺野古基地建設を問う県民投票の前に、県外各地でシール投票

樫田秀樹
シール投票

シール投票を企画した「応答する会」の山田ちづこ代表

 2月24日、沖縄県で辺野古基地建設への賛否を問う県民投票が行われる。それに先駆けて2月11日、埼玉県のJR浦和駅前とJR大宮駅前で、市民団体「沖縄に応答する会@埼玉」(以下、応答する会。山田ちづこ代表)の主催で「辺野古基地反対・賛成?」と銘打った「シール投票」が行われた。

「本土」に住む私たちも沖縄の基地に関心を寄せるべき

若い世代も

無関心かと思われがちな若い世代も、積極的に投票していた

 浦和駅前。午前11時少し前に山田さんがマイクをとった。 「日本のなかでわずか0.6%の面積しかない沖縄に、米軍基地の70%もが集中しています。この問題をヒトゴトではなく、ぜひ自分の問題として考えていただく機会として投票に参加していただければと思っています」  そのよどみないスピーチに沖縄らしい色を添えるように、投票ボードの近くでは三線の演奏が始まった。山田さんは沖縄県の石垣島出身で、かつては沖縄NHKでディスクジョッキーをやっていたこともある。現在はさいたま市で沖縄料理や三線教室などを行う「カフェギャラリー南風」を経営していて、ここが「応答する会」の事務局も兼ねている。 「応答する会」は今年2月上旬に設立されたばかりの団体だ。2月3日の会合では、県民投票について話し合われ、「これは沖縄県民だけが考えるべきではなく、いわゆる『本土』に住む私たちも関心を寄せるべき問題だ」との認識から、「シール投票をやろう!」と決めた。それからわずか1週間で、新聞での告知を行いこの日に臨んだのだ。  シール投票は、本番の県民投票と同じく選択肢は「賛成」「どちらでもない」「反対」の3択。「応答する会」は、浦和駅前では午前11時少し前から12時まで、次いで、大宮駅前で13~14時と、それぞれ約1時間に区切っての投票を実施した。その結果は以下の通り。 【浦和駅前】反対154、どちらでもない6、賛成8 【大宮駅前】反対145、どちらでもない8、賛成4
投票結果

浦和駅での投票結果は「反対」が圧倒的多数だった

 圧倒的多数で「反対」票が占めた。山田さんの呼びかけやメンバーのチラシ配布に興味を示して投票する人が絶えなかった。しかし、このシール投票には何の法的効力もない。また「反対」の人が積極的に投票した結果ということもあるだろう。 「それでもいいんです。新聞の広告を見て、私も1票を投じたくて来てみました」(30代女性) 「沖縄県民でなくても、沖縄に行かなくても、私の意思を表すことができる。ありがとうございます!」(40代女性)  浦和駅にまで来ることができない友人のために、その友人が書いた「委任状」を携えてやってきた人もいた。これらの人にとっては、シール投票は「ついでに」ではなく「意見を表明するまたとない機会」だったのだ。
次のページ 
反対、賛成、どちらでもない……それぞれの意見
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right