「荒野行動」、「アズレン」が大ヒット。中華ソシャゲはなぜ強いのか?

日本でも大ヒットした中華ソシャゲ3選

●荒野行動 現在の登録者数は全世界で2億人を突破。’19年にはPlayStation4でも配信を予定している。『進撃の巨人』とコラボしたことで国内での知名度が大幅に向上した
ドールズフロントライン

ドールズフロントライン

●ドールズフロントライン ’18年8月にリリースされ、事前登録者数が50万人を突破するなど新進気鋭のタイトル。ゲームシステムは『艦これ』だが、擬人化されているのが「銃器」という点に新味が ●アズールレーン 船舶萌え擬人化ゲーム。本家『艦これ』は擬人化キャラを艦娘と呼んでいたが、アズレンも艦娘の呼称を使って問題に。これを逆手に取って新名称の公募を行い、知名度を上げた
若尾 空氏

若尾 空氏

【若尾 空氏】 三才ブックスのアングラゲーム雑誌『ゲームラボ』編集長。現在は復刊した同誌の企画を温めている。 ― この[チャイニーズ良品]がスゴイ! ―
1
2
関連記事