「ママ活」男子が増加中。「おばさんと食事するだけで1万円」は根付くのか<現役愛人が説く経済学65>

市場が成熟すれば、相場が形成される

 パパ活のように市場が成熟してくると、「食事だけでも交通費は必ず1万円渡すべき」「アイドルは一晩20万円、美人は5~10万円、不美人は3万円」のような暗黙のルールが生まれてきます。  パパ活女子の側も、「周りがみんな1万円もらっているから」とか、「ネットに食事だけで1万円と書いてあったから」「愛人バンクの面接担当者に『1万円もらえる』と言われたから」などと、多くの情報から相場を形成しているんですね。  ところが、ママ活はまだ参入者が少ないため「相場」が形成されておりません。値付けは、ほぼ個人の主観です。自分の価値に見合わぬ謝礼を要求してしまい、女性に呆れられるケースも多々あるでしょう。逆に、女性が「もっと払っていい」と思っているにもかかわらず、無料でサービスを提供してしまう男子もいるかもしれません。  さて「パパ活」におけるお食事デートの相場(1万円)がどうやって決まったかといいますと、港区で若い女性が参加する「ギャラ飲み」のタクシー代が由来です。ギャラ飲みでは、男性が必ず女性に1万円以上払うというルールがありますが、パパ活の交通費もこれを踏襲しているんですね。  六本木や銀座のホステスたちも、「アフター」といって、店が終わってからお客様と飲みに行くことがありますが、お客様はホステスに必ず1万円のタクシー代を渡すことになっています。下心をもって女性を飲みに付き合わせたら1万円払うのが、東京では「相場」なんですね。  プレイヤーが増えれば相場が見えてきます。自分がどの程度稼げるかも分かってきますので、「私は1万円ももらえるレベルではない」と思えば、5000円で満足する女性もいるでしょう。  今後、ママ活の参入プレイヤーが増えれば、「ハイスペックイケメンとのデートは○万円」「普通の男子なら○万円」と、相場が形成されていくことと思います。自分に値段がつけられるのでシビアですが、コミュニケーション力と外見さえ磨けばそれなりに稼げると思います。ママ活男子の皆さん、頑張って下さいね。 <文・東條才子>
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right