中卒、新聞配達員から月収4億の不動産王へ。姫路の不動産王の投資哲学

大川護郎氏

大川護郎氏

 他の追随を許さない圧倒的な行動力で道なき道を切り開くスターたちがこの国の不動産業界にはいる! そんなクレイジーとも言える情熱とアイデアで目覚ましい成果を残してきた大家さんはいかにして現在の立場まで上り詰めたのか? 彼らの数奇な大家人生と独自の投資哲学に迫る――

一代で月収4億円を実現した「姫路の不動産王」

「家賃収入は月に約3億6500万円。そのほかにも駐車場やコインランドリーなどの利益が約4200万円。ローン返済が月に2億3000万円ほどなので、キャッシュフローだと約1億7700万円の利益になります」  このようなとてつもない規模の不動産オーナーに一代でのし上がった大川護郎氏。フェラーリやランボルギーニをはじめとする高級車を20台以上所有するなど、現在の生活ぶりも華やかそのもの。しかし、その原資は中卒で就職し、新聞配達員としてコツコツと増やした貯金だったという。 「子供の頃は家が貧しく、勉強をする気もなかったので16歳から働き始めたのですが、すぐに販売店の店長を任せてもらい20歳で年収1000万円程度になりました。それでも、衰退する新聞産業だけで生き抜くのは難しいと感じ、不動産投資を始めたんです」  そうして不動産業に参入した大川氏。当初は20代前半という年齢から金融機関や不動産会社から相手にしてもらえず、廃墟のようなボロボロの物件をキャッシュで購入したところから、そのキャリアをスタートさせた。 「軌道に乗り始めたのがリーマン・ショック後に値下がりした物件を大量に買い始めた頃です。そこから一気に物件数を増やして、45歳の今、4969世帯の物件を所有するに至りました。そのうち、私の地元の姫路市に所有しているのが2350世帯で、これは姫路市全世帯の1.2%に相当します」

自宅や近所の倉庫にはランボルギーニやフェラーリ、マセラティ、ベントレー、ベンツなど世界中の高級車がところ狭しと並んでいる

 投資リスクを抑えるため、大川氏は「大は小を兼ねる」をモットーにできるだけ広い物件を選び、所有戸数を増やしているとのこと。 「長い目で見れば、ある程度の広さを持つ物件を買い、それを安い賃料で貸すことがベストだと考えます。まずは家賃を相場よりも安くすることで、入居率を高める。基本は『広い物件を安く貸すこと』が収入を長期間にわたって安定させるための鉄則です」
次のページ 
目標は家賃ゼロ物件?!
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right