レーダー照射問題、韓国国防部ブリーフィング全文訳からわかる、日本に跋扈するデマの「曲解の手法」

牧田寛

韓国国防部2019/01/15ブリーフィング全文訳(訳:安宿緑 強調・注釈:牧田寛)

会見映像と書き出し、速記録 ―――――――――――――――――――――――― 定例ブリーフィング 2019年1月15日(火)10:30 チェ・ヒョンス代弁人(国防部)  1月15日のブリーフィングを始めます。  長官は午前10時より国務会議に参加中です。午後2時には国防部の職員を対象に国防政策説明会を開く予定です。  次官は午前11時に防衛産業発展のための意見交換会を主管されます。  今日はブリーフィングする内容が特にありませんので、質問から伺います。 【質問・答弁】 ※マイク未使用につき、確認できない内容は別途(***)で表記しました。ご了承ください。 (質問)昨日シンガポールにて、韓米・韓日国防当局間実務協議がありましたよね? (答弁)はい、ありました。 (質問)NHKによると(※6)日本側がレーダー関連情報をその際に公開できるというふうに報道されましたが、実際にそれを日本側が実務協議の過程で限定的にでも公開したのか否かについて教えてください。万が一公開しなかったのであれば、公開しない状況で安保問題を政治的に利用したような印象を受けています。日本。そんな日本の行いに対し、どうお考えになりますか? (答弁)はい。日本は今回の事案のスモーキングガン(※7)であるはずの、我が軍艦のSTIR レーダーの周波数を公開しませんでした。ただ、日本は一部のデータだけを挙げて我が軍艦のレーダー情報全体に対する要求を行いました。我々としては受け入れがたい要求でした。  このような要求は無礼であり、事案解決の意思がない強弁であると我々は見ています。 (質問)日本はデータを公開していないのにも関わらず、我々にデータを要求したということでしょうか? (答弁)そうです。傷があるのなら、傷跡をまず見せるのが順序ではありませんか? しかしそれもなくして、我々の持つ情報だけを公開せよというのは正しい要求とは思えません。 (質問)日本側は、なぜそんな要求をしたのか背景についてわかりますか? (答弁)その背景については我々が公式見解を示すことはできませんが、周波数の公開部分が……えーと、どう見れば良いのかわかりませんが、その部分に我々が求める正確な資料が出てこなかったためと見えます。 (質問)それでは、韓日両国が今後、実務協議やビデオ協議のようなものを開催する予定はありますか? (答弁)それについては協議することになっています。我々が求めるのは、日本が、韓国が調査したと主張している正確な周波数レーダー、そしてレーダーが作動すると警告音のようなものが少し鳴る。そういった、比較的正確で客観的なデータを提示してくれるよう、持続的に要求しています。 (質問)それは、今はいずれにしろ日本側が一部の情報を提示したということでしょうか? (答弁)違います。 (質問)では…… (答弁)一部の情報も提示されていません。 (質問)それでは日本側からは何の情報も提示されない状態で、韓国側のレーダー情報を公開しろと要求したと。 (答弁)一部を公開する代わりに全体をくれという話だったので、我々としては受け入れられませんでした。 (質問)公開できるという一部の部分が、STIRミサイルレーダーの周波数ではなかったということですか? (答弁)その部分は我々が確認しなければなりませんが。我々はそう見ていません。今はSTIRレーダーとは確認できない状況です。正確な周波数の対訳が出れば、それが我々のものなのかはっきりします。それで我々はこの件のスモーキングガンといえる、日本が受けたと主張する周波数を提供してくれと話しており、そうなって初めて確認できるといった状態です。 (質問)それでは日本が公開できるとした情報はレーダー周波数ではなく、その他の違う情報だと…… (答弁)日本が公開したという部分が何かについては確認しなければなりませんが、我々の要求は、日本が照射されたと主張しているSTIRレーダーの周波数を公開することです。 (質問)本日のブルームバーグの報道内容を見ると、金正恩国務委員長が約6個の核爆弾を作るのに十分な核物質を確保し、今後核爆弾の規模が20個以上になるとされていました。これについてお願いします。 (答弁)その件で、外信の報道内容をわざわざ確認しておりません。  そしてこのレーダー事案では、問題になっていた低空威嚇飛行について一つ一つ、日本側に要求と質疑を行いました。日本側は、威嚇飛行ではないという主張をしていますが我々の乗組員が脅威を感じるほどだったという部分については一部認めたようです。 (質問)日本が出してきた条件を明確に再度確認して知らせていただければ良いのですが、今日本のメディアではそのレーダー周波数の記録を公開する意向はあったが韓国側が拒否したと報道されています。 (答弁)それは違います。それで今申し上げたのです。我々が要求する正確な資料ではなかったこと、そしてそれに対し我々が受け入れられない要求をしてきたということです。  我々が拒否したのではなく、日本が我々の求める資料を公開しなかったからであることは明らかです。 (質問)では、我々の求める情報を出さない日本は、他に何の情報を公開できるというというのか、たとえばレーダー周波数でなければなんなのか。 (答弁)それがレーダー周波数なのかについては、「ごく一部」だけとされているため、私が正確に確認します。  そして、交信の部分についても相互に誤解があったように見えますが、日本側にとっても我々との交信は非常に難しかったということについて一部理解したと (質問)私もレーダー問題についてお伺いします。協議の日程が具体的に決まったのか、そして今後の協議の展望についてどうお考えなのか心配です。 (答弁)そのことについては、今後協議することになっています。 (質問)昨日、夜遅くまで韓日がそれぞれ各国に説明する報道文書を作成中だといいます。その報道文の発表はいつ頃確認できますか? (答弁)それは昨日申し上げたように、(韓日)共同報道文が出るというわけではなく、我々は我々の立場についての報道文を昨日の夕方にお送りしましたのでご確認ください。  我々は日本がこのように継続的に非紳士的な態度を取っていることに多くの遺憾の意を表します。  他に質問はありませんか? ないようなら今日のブリーフィングを終わります。ありがとうございました。  以上 ―――――――――――――――――――――――― ※筆者注6:「レーダー照射問題 日韓がシンガポールで協議」 NHK 2019/01/14 18:42(現在は記事削除) ※筆者注7:「確たる証拠」のこと。銃を射った直後、銃口から煙が出ていることを指す英語の言い回し。
次のページ 
我々市民がなすべきこととは?
1
2
3
4
4
5
関連記事
6
7