ハードルが高い商品先物。「貴金属」の狙い目は「金」と「プラチナ」?

金先物価格とドル円為替の動き

金先物価格とドル円為替の動き

「有事の金」効果で株式投資のリスクヘッジにも

 また、「有事の金」と言われるように、株式投資をする人にとってはリスクヘッジの機能も期待できる。 「株式市場が暴落したり、戦争やテロなどの地政学的リスクが生じると金価格は急騰する傾向にあります。今のように金価格が低迷している平時に買っておけば、株価下落などのリスクをある程度カバーできる。金価格が急騰したタイミングで利益確定する手もあります」(近藤氏)  レバレッジをかけない安全な投資をしたいなら、東証に上場している純金上場信託(現物国内保管型)(1540)など、金価格に連動するETF(上場投資信託)を利用するのが手軽だ。株取引ができる証券口座を持っていれば、株と同様に売買できるのも魅力的。  少ない資金で効率的に投資したいなら、東京商品取引所に上場している「ゴールドスポット」がオススメだという。通常、商品先物には決済の期限(限月)があるが、ゴールドスポットはFXと同様、ずっと保有を続けることができる。また、純金積み立てもオススメだ。 《金の変動要因》 ●米ドル・円相場 ●ドル金利 ●地政学的なリスク ●インフレの懸念 ●中央銀行などの保有
次のページ 
プラチナは今が底?!
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right