辺野古土砂投入で危機迫るサンゴ群落。「ローラさんらに見に来てほしい」とグラスボート船長が訴え

東恩納氏

野党国会議員をグラスボートで案内する東恩納琢磨市議(左端)

「ローラさんやりゅうちぇるさんをはじめ、ホワイトハウス嘆願署名をした人たちに、ぜひグラスボートに乗って貴重なサンゴを見てほしい。埋め立てが本格化、大規模な地盤改良工事が始まってしまうと、大浦湾(辺野古新基地北東側)のサンゴ群落が死滅してしまうのは確実だからです」  こう話すのは、大浦湾を拠点に自然体験ガイドなどを行っている「じゅごんの里」代表の東恩納琢磨・名護市議だ。一帯の海域は絶滅危惧種ジュゴンの餌場として知られ、北半球最大のアオサンゴをはじめ貴重なサンゴ群落も棲息している。  グラスボートの船長を務めることもある東恩納氏は、オリバー・ストーン監督を2013年8月に船で案内するなど大浦湾の魅力を紹介する一方で、建設反対の立場から辺野古新基地問題を市議会で何度も取り上げてきた。  そして土砂投入開始から12日後の2018年12月26日、東恩納氏は「沖縄等米軍基地問題議員懇談会」の近藤昭一会長(衆院議員)ら野党国会議員5名の案内役を買って出た。筆者はその視察に同行した。

玉城知事誕生でシナリオが崩れた安倍政権は“見切り発車”で工事を始めた!?

 10時過ぎに大浦湾の汀間漁港を出発したグラスボートは、埋め立てのための土砂を陸揚げしている桟橋へと向かった。船内で新基地予定地海域のカラー地図が配られると、元宜野湾市長の伊波洋一参議院議員は「玉城デニー県政が続く限り大浦湾側の埋め立て工事はできず、辺野古新基地は完成しない」と語った。 「辺野古岬の米軍基地『キャンプ・シュワブ』の南側にあたるのが、土砂投入が始まった『辺野古側』で、全体の3分の1にあたります。残りが北東の『大浦湾側』なのですが、ここで厚さ30メートル、『マヨネーズ』にも例えられるほどの軟弱地盤が見つかりました。  地盤が軟らかすぎるので、砂杭を何百本も打ち込む地盤改良工事をしないといけなくなったのです。しかし、まだ県はその設計変更の許可をしていない。県は、海を汚す大規模な地盤改良工事を認めない方針なので、玉城県政が続く限り大浦湾側の埋め立てを進めることができません。  だから安倍政権は翁長雄志・前沖縄県知事が亡くなる前、『11月の沖縄県知事選が始まる前までに、埋め立てが簡単な辺野古側から土砂投入を始めて県民の諦めを誘い、県知事選で前宜野湾市長の佐喜真淳知事を誕生させ、設計変更をして大浦湾側の地盤改良工事に取り掛かる』というシナリオを描いていたのです。  しかし、翁長前知事の急逝と玉城知事の圧勝で目論見が外れた。それでも安倍政権は12月14日、辺野古側の土砂投入に踏み切りました。玉城県政下では大浦湾側の難工事に着手できないことが分かっていながら、『設計変更する必要のない辺野古側で埋め立て工事を進めて県民を諦めさせ、4年後の県知事選で勝利する』という前提で“見切り発車”したといえます」(伊波氏)
次のページ 
軟弱地盤の改良工事が、貴重なサンゴに大打撃を与える
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right