手術支援ロボットによる死亡事故……真相解明に向け英国で大規模調査

 なお、グループ系列病院のロボット手術の責任者であるNaeem Soomro教授は、病院ではすでに2500回以上のロボット手術が行われ、30人以上の外科医が使用方法を訓練されており、同分野においては国家最高だと認められていると話している。  英国のNHS病院(公的医療機関)には約60台の外科用ロボットがある。これまで、ダヴィンチは、患者の回復時間と合併症を大幅に減らしてきた実績を持つと報告されている。悲しい死亡事故の背景には、精密なロボットを扱う人間側のコミュニケーションミス、および油断や慢心があったと言えそうだ。 <文/ロボティア編集部> 【ロボティア】 人工知能(AI)、ロボット、ドローン、IoT関連のニュースを配信する専門メディア。内外の最新技術動向やビジネス情報、ロボット時代のカルチャー・生活情報をわかりやすく伝える。編集長は『ドローンの衝撃』の著者・河鐘基が務める。https://roboteer-tokyo.com/
ロボティア●人工知能(AI)、ロボット、ドローン、IoT関連のニュースを配信する専門メディア。内外の最新技術動向やビジネス情報、ロボット時代のカルチャー・生活情報をわかりやすく伝える。編集長は『ドローンの衝撃』(扶桑社新書)の著者・河鐘基が務める。
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right