ベトナム人技能実習生、送出国側ブローカーに暴力団の影

現地マフィアを通さず「直営」も!?

 前出のA氏によれば、「最近はベトナム・マフィアを噛ませず、日本の組織が独自に人材派遣会社としてベトナム国内で看板を出すこともあります」という。  技能実習制度を人権侵害などの状況を放置したまま拡大するかのような「入管法改悪」を進める安倍政権。A氏の証言を全面的に信じるかはさておき、送出国側のブローカーの存在や、実習生が抱える借金についてはすでに知られた事実である。  もし、きちんと「人として尊重した上で」外国人材を受け入れるのであれば、こうした問題についても、改めてリサーチし直し、改めて議論をやり直す必要があるのではないだろうか?
ホーチミンの下町

ホーチミンの下町

<取材・文・撮影/高田胤臣(Twitter ID:@NatureNENEAM)> たかだたねおみ●タイ在住のライター。近著『バンコクアソビ』(イースト・プレス)
(Twitter ID:@NatureNENEAM) たかだたねおみ●タイ在住のライター。最新刊に『亜細亜熱帯怪談』(高田胤臣著・丸山ゴンザレス監修・晶文社)がある。他に『バンコクアソビ』(イースト・プレス)など
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right