原爆Tシャツが物議を醸したBTS、北朝鮮で”平和外交”計画が浮上

安達夕

過去に原爆が描かれたTシャツをプライベートで着用していたことなどで物議を醸している、韓流アイドルの防弾少年団

 11月9日放送のテレビ朝日系の音楽番組「ミュージックステーション」で、韓国のアイドルグループBTS(防弾少年団)の出演が急遽取りやめになった。  日本の一部メディアがメンバーのジミンが過去に着たTシャツのデザインを問題視し、BTS(防弾少年団)が「反日活動」をしていると報道したことによると見られる。  9日、BTSの日本版公式サイトを通して「9日予定していたミュージックステーションへの出演がキャンセルになった」と伝えた。具体的な理由などは言及されなかったが所属事務所は「残念な結果」とし「今後もよりいい音楽とステージでファンの皆様とお会いできる事を楽しみにしている」とした。 「ミュージックステーション」の公式サイトでも同日、BTS(防弾少年団)の出演見送りを伝えた。  そこで「以前にメンバーが着用していたTシャツのデザインが波紋を呼んでいる」とし「番組としてその着用の意図を尋ねるなどし、所属レコード会社と協議を進めたが、総合的に判断した結果、出演を見送ることになった」と説明した。  先月あるメディアがメンバーのジミンが着たTシャツと、光復節に書かれたRMのSNSの文章を取り上げ「反日活動をしている」と主張したのだ。  このメディアが問題視したジミンのTシャツには日本の植民地解放を受け万歳を叫ぶ人々の姿と原子爆弾が落とされた場面がプリントされていた。またTシャツには、愛国心(PATRIOTISM)、我が歴史(OURHISTORY)、解放(LIBERATION)、コリア(KOREA)などの英文が書かれていた。  またメンバーのRMは2013年の光復節(8月15日、韓国の独立記念日)に際しTwitterに「歴史を忘れた民族に未来はない。独立闘士の方々に感謝する。大韓独立万歳」という文を掲載した。  さらに過去のナチス風衣装も掘り起こされ、波紋を呼んでいる。  既にK-POPの枠を超え、世界的な評価を得るに至ったBTS。その言動は、韓国社会のみならず、世界的な影響力を持つ。逆に言えば、自身の持つ大きな影響力を自覚しているのであれば、そこに悪意はなかったとしても国際的な軋轢を生みかねない過剰なナショナリズムに類する発言には配慮すべきことのようにも思える。 「防弾少年団」の「防弾」の意味は、文字通り「弾除け」の事である。彼らのプロデューサーが名付けたこの名前には、「10代は、大人たちからの偏見や抑圧を受ける。それを我々のヒップホップで守る」という意味が込められている。  確かに世界的な成功によって、彼らは韓国社会におけるヒップホップの地位を各段に押し上げた。しかしBTSがそれに「過信」するのであれば、彼らに降り注ぐ批判の弾を、果たして最後まで防ぎきれるのだろうか。
次のページ 
BTSの政治的行動をK-POPファンはどう受け止めるのか
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right