「幸福の科学大学」学生サークル、今年も早稲田祭で公演。教団vs総裁長男の抗争も激化

及川健二
早稲田祭

早稲田祭で披露された、学生よさこい団体「HSU龍馬隊」のパフォーマンス

早稲田祭で連呼された「青春」

 11月3日昼過ぎ、早稲田大学で行われた学園祭「早稲田祭」のステージで、学生よさこい団体「HSU龍馬隊」によるパフォーマンスが行われた。主催したのは学生サークル「Happy Science」。「幸福の科学」の学生組織だが、ステージでは主催者名は出さずに「幸福の科学」色を隠したものになった。

 テーマは「青春賛歌」で、踊りのさなかに流れる音声では「青春」が連呼された。これにはワケがある。幸福の科学は今年5月、大川隆法総裁の青春を描いたような映画『さらば青春、されど青春。』を公開し、主役の男性を大川総裁の長男・大川宏洋氏が、そのヒロインを千眼美子(清水富美加)氏が演じ、信者が映画館に大量に足を運ぶなど力を入れた。つまり、同教団にとっては「青春」は今年の重要なテーマの一つであるのだ。

 さて、早稲田祭で演じた「HSU龍馬隊」だが、これは「幸福の科学大学」として文科省に認可されずに、大学でも専門学校でもない「私塾」となった「ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ」(HSU)学生の有志で構成されたものだ。

 ちなみに坂本龍馬のことを同教団はよく利用していて、2010年の参院選では「幸福実現党」の応援団長を「坂本龍馬」として、大川総裁が霊言本『龍馬降臨』(幸福の科学出版)を上梓、同書が幅広く売られ、配られる場面もあった。その頃は、同宗施設の入り口に「ご自由にお取りください」として、『龍馬降臨』と大川総裁の霊言本『松下幸之助 日本を叱る』が置かれていたものだった。

 昨年の早稲田祭では幸福の科学学生部非公式アイドルを自称する5人組の信者アイドル「アンジュエル」のステージの他、「Happy Science」は釈量子・幸福実現党党首、神武桜子・副党首、大川総裁の次男で早大OBの大川真輝氏による政治トークが行われたが、今年は宗教色が抑えられたイベントとなった。

次のページ 
大川総裁長男はYouTuberとして教団に反旗

1
2
3
4
5
関連記事
6
7