アメリカでは億万長者まで出た[スニーカー投資]とは?

田中一成
 世界的なブームに引っ張られ“プレミア化”したスニーカーが各種中古品取り扱いサービスで高騰中だ。もはや投資対象となった「スニーカー転売」の極意を伝授!

『adidas Yeezy Boost 350 “Pirate Black”』

『adidas Yeezy Boost 350 “Pirate Black”』定価約3万円だが、サイトによっては36万円で売られている

adidasのレアモノが3万円→36万円に

 現在、密かに「スニーカー投資」が世界的なブームになり、アメリカでは億万長者まで誕生している。“投資”だと聞き慣れない言葉だが、「スニーカー転売」と言い換えればわかるだろう。アメリカではスニーカーを人気具合によって価格変動させて売買するプラットフォーム「ストックX」まで存在。その年間流通総額は4億ドルを超えるとか。

ストックX

商品取引市場「ストックX」のサイト。専門鑑定士が認定した正規品のみ市場にまわるので信頼性が高い。スニーカー以外にストリートウェアや時計等も出品される

「日本でも同様に、愛好家を中心にかなり盛り上がっています」と、語るのはスニーカーのバイヤー兼投資家の、転売するよクン氏だ。

「古くは’90年代からスニーカー投資は行われていて、ナイキの『エアマックス95』の人気から、『エアマックス狩り』なんて現象もありましたよね。それが’00年代以降は落ち着いていたのですが、ここ2、3年で状況が激変しました。中国人をはじめとしたアジア系外国人の購入が増加しているため、人気スニーカーが品薄になりやすく、価格が高騰傾向にあるのです」

 プレミア化したスニーカーの“爆発力”はすさまじいという。

「昨年発売されたナイキの『Tom Sachs × NikeCraft Mars Yard 2.0』というモデルは、定価約2万円が現在20万円の相場で売買されています。また、僕が’16年に定価約3万円で購入した『adidas Yeezy Boost 350“Pirate Black”』は、半年後に12万円で売ったのですが、今はさらに中古品が高騰。サイトによっては約36万円と、元値の12倍で売られていますよ」

次のページ 
ガッツリ投資すれば月100万円超も可能

1
2
3
4
5
関連記事
6
7