明治維新から150年続く、民主国家構想を潰した「長州レジーム」とは?

林克明

明治維新は、議会制民主主義に基づく平和国家をつくる構想を潰した!?

松下村塾

萩城下の松下村塾。明治維新の立役者を多数輩出した

 近代日本の原点は明治維新だった。維新の志士たちが封建的で遅れた江戸幕府を倒し、新しい日本が生まれた。もしあのとき武力で徳川体制を倒していなければ、日本は列強の植民地になっていたかもしれない――。
「明治維新万歳!」

 かなり多くの人がそう思っていることだろう。筆者自身がつい最近まで、「明治維新は正義」という薩長史観に少なからぬ影響を受けていた。しかし180度逆に歴史を見ると、目の前の風景がガラリと変わってくる。

 実は、江戸時代末期の慶応年間には、主要な改革者たちの間では、議会制民主主義に基づいて平和的に新しい日本をつくる構想が主流となっていた。薩摩や長州が武力とテロでその構想をつぶし、祭政一致・天皇を現人神にする専制国家をつくったのが明治維新だ。

 NHKの大河ドラマに感動したり、司馬遼太郎の歴史小説を読んで血沸き肉踊ったり、ときには目をウルウルさせる人たちにとって、ものすごく不快な視点、いや、事実かもしれない。

 信じているものが否定されれば、いま立っている地面に亀裂が走り、船底に穴が開いて今にも船ごと沈んでしまうような焦りと喪失感に襲われてしまうからだ。しかし、うれしくない事実にも目を向けてみよう。

 そうしないと、今現在抱える問題の根っこが見えないからだ。

次のページ 
江戸末期には民主的な国家構想が生まれていた!?
1
2
3
4
5
関連記事
6
7