台湾「慰安婦像キック問題」の背後に「右派カルト」。大手メディアは沈黙

現地報道

現地TV局の報道

 今月10日、台湾・台北市で、約100人もの人々がたった1人の日本人を名指しで非難するデモを行った。日本人の名は藤井実彦(ふじい・みつひこ)氏。「慰安婦の真実」国民運動(代表・加瀬英明氏)なる保守団体の幹事を名乗る人物だ。  現地メディアなどの情報を総合すると、ことの経緯はこうだ。  今月6日、藤井氏は台湾・台南市を訪問。国民党支部に設置された慰安婦像の碑文の内容が事実と異なるなどとして、設置を主導した謝龍介(シエ・ロンジエ)・台南市議に対して即時撤去などを求めた。藤井氏は慰安婦像前で市議に要求書を手渡したが、その後、慰安婦像に蹴るような仕草をしていたことが監視カメラの映像で発覚。謝市議が9日に抗議声明を発表し、台湾と日本の窓口機関である日本台湾交流協会台北事務所に出向いて、協会と藤井氏に謝罪を求めた。謝市議は藤井氏について、「謝罪するまで出国させない」とも語ったとされている。  これを受けて10日、同協会台北事務所前で約100人の市民が「藤井実彦は謝罪しろ」という内容の横断幕で藤井氏を名指するデモを行った。またこの日、同事務所の玄関にペンキが撒かれる事件が発生し、政治活動家4人が拘束された。11日には、台北市議選に出馬予定の3人が市内の路線バス30台の車外広告枠を確保し、車体に「日本は慰安婦に謝罪せよ」と書かれたバスが毎日、日本台湾交流協会台北事務所の近くを運行することになったとも報じられている。  複数のメディアが連日報道する騒ぎに発展している。たった1人の日本人の行為が、まさに国際問題に発展している。
現地報道

現地報道

 藤井氏本人は、「慰安婦の真実」国民運動のフェイスブックページを通じて、慰安婦像を蹴ってはおらず、出回っている画像は捏造されたものでありフェイクニュースだと主張する声明を10日付で発表した。ストレッチをしている様子を映した写真を加工されたのだという主張だ。しかしこの声明は同日中に削除されている。  藤井氏は自身のTwitterアカウントも停止したようで、こちらも現在、閲覧できない。藤井氏がまだ台湾で足止めを食っているのか帰国したのかも定かではない。  藤井氏が慰安婦像を蹴ったとされる証拠は、画像だけではない。2つの監視カメラで撮影された動画も、YouTubeで公開されている。足が像に当たっているかどうかはハッキリしないものの、明らかにストレッチなどではない。像に向かって蹴りを入れる動作を意図したものであることは明白だ。  実際に足が当たっていようがいまいが、慰安婦や慰安婦像を設置した人々に対する侮辱であることに変わりはない。
次のページ 
藤井氏と幸福の科学の関係
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right