まだブルーオーシャン!? メルカリチャンネルでランキング1位獲得者が教える「売れるコツ」

泉澤義明

ライバルはまだ少ない

泉澤:しかし、自分が出演して販売するのは一般の人にはハードルが高そうですね。

内田:ライブコマース自体がまだ一般的にはなっていないので、まだまだ参入が見込める媒体です。

通常のメルカリ販売では数が売れないという方でも1回の配信でファンを集めることで販売数や売り上げを飛躍的に伸ばすことも夢ではありません。ファンを獲得する為にこまめに配信をしていきましょう。

泉澤:配信する際に注意すべき点は何でしょうか?

内田:ライブ配信になるので、通信環境は整えましょう。途中で途切れてしまうとクレームの元になったり、せっかく集めたハート(ランキングを上位にあげ注目される為に必要)が0に戻ってしまいます。

また、最初に、どのように購入するのか?などのルールを決めること。視聴者数が増えてくると配信した商品の取り合いも起こります。その際に誰が先に購入意思を示したのか?購入権利があるのか?などを事前にルール決めを配信者のほうで作っておくとトラブル回避ができます。

スケッチブックや100均で売っているホワイトボードなどにルールを記載し見えるところに置いておくといいでしょう。また、著作権に引っかかる音楽を流すと強制終了となるので注意してください。ライブ配信は不特定多数に配信するので、CDなどの音源が配信で流れてしまうことは NGとなってしまいます。ご利用前にメルカリチャンネルの規約をしっかり読みましょう。

メルカリチャンネルは売るテクニックを駆使するというよりも、配信者と視聴者のコミュニケーションが売れる為に最も必要なスキルになります。売るという意識ではなく、楽しませるという意識で配信した方が視聴者側も乗ってきます。

楽しさを提供するという意識で、視聴者とのコミュニケーションを楽しみましょう。

<文/泉澤義明>
いずみさわよしあき●1970年千葉県生まれ。リサイクルアドバイザー。高校卒業後、広告会社、テレビ制作会社等に勤務。副業で始めたオークションで半年後に独立、ネット古物商となる。自身の経験を活かし、ネット販売の講師も行っており、受講者からはわかりやすく、結果が出ると好評。オークション取引はヤフオク・メルカリ合わせて1万件以上の高評価を得ている。著書として8月31日発売予定の『メルカリの達人!』(ぱる出版)、既刊として『プロが教える儲かる「ネット古物商」の始め方』(ぱる出版)

1
2
3
4
5
関連記事
6
7