薬剤師が教える「紳士のお悩み薬」の話。安いからと安易に個人輸入に頼るのは危険。

長澤育弘

Public Domain Picture via pixabay(CC0 Public Domain)

 皆さんは、勃起薬や毛生え薬などに興味はあるでしょうか?

 かく言う自分も30を超えたあたりから色々とお年頃になってきており、様々な問題に直面することが多いです。

 今日はそんなお年頃に使う薬について見ていきたいと思います。

「紳士のお悩み薬、個人輸入代行はリスクあり

 薬を購入する方法は2種類あります。

 1つは国内で正規に手に入れる方法、もう2つ目は海外製を使うという方法です。

◎国内のお医者さんに受診する方法
 国内の正規品を手に入れる場合は基本的にAGA外来や泌尿器科に行きます。特に勃起薬は元々心臓の薬なので心臓系の疾患がある人や何かしら血管に問題がある方々はお医者さんに貰ったほうが安全ではあります。ただ……、医師によっては実際問診もあってないようなものですから何かあった時の保険程度に考えておいたほうが良いかもしれません。

 また、心臓や血管に問題がある場合は使わないほうが良い事になっているので薬を出してくれない場合も多いのが現状です。

 診察を伴うので時間やお金は掛かってしまいますが、最近は比較的リーズナブルなお医者さんも出てきました。(正規の勃起の薬で1錠450円~)

 何かあったときに対応してくれたり、責任を取ってもらえる可能性がありますので、安心安全を取るのであれば国内のお医者さんに受診する方法で間違いありません。

◎海外から薬を個人輸入する方法
 これには、2つのケースがあります。

 ひとつは、海外から海外製の薬を輸入するケースです。

 基本的に勃起薬も毛生え薬も処方薬(処方箋が無いと売れない薬)に指定されている場合が多く、お医者さんに受診しないと買うことが出来ません。

 しかし海外から個人輸入する場合、話は別です。海外の医薬品の販売会社から輸入を代行する……という体で海外製、日本製問わず販売している会社は結構あります。

 海外製で有名どころだと「O」や「A」などがこの領域では老舗です。とはいえ、海外に発送先があるので何があっても基本的に自己責任なので注意が必要です。

 大きなメリットとしてはとにかく安い、という点です。どれくらい安いかと言うとお医者さんに行くより1/5~1/10程度の額で買えます。例えばバイアグラのジェネリックのクエン酸シルデナフィル(50mg)であればインド製のものを1錠78.4円で買うことが可能です。発注から1週間程度で届きますし、1回の注文で約1ヶ月分(28~30錠)買えますのでコスパで考えると一番良いです。自分も薬局を経営しているものの、海外製の薬は自分の薬局の卸値よりもこの手で買った方が安いので、専らこの方法で購入することが多いです。

 デメリットは先ず、副作用が起こったとき自己責任という点があります。先述したように、バイアグラなどは元々狭心症の治療薬として研究・開発された薬なので、冠血管(心臓に栄養を送る血管)に作用する効果があるため、心疾患の方は「使えない」という程ではないですが、細心の注意が必要です。

 抜け毛予防のデュタステリドも未確認ながら男性機能が低下の作用が報告されており、こういったリスクに自分で対処する必要があります。

 それに、海外の薬剤はそもそも日本の薬では無いので副作用が起こっても副作用救済基金が使えません。

 さらに問題なのは、日本ではあまりないのですが海外では偽薬の問題がある点です。

 アジアでは結構深刻でファイザーやバイエルなどの正規品と書いていて高価なものであっても偽物か本物かは見分けがつきません。むしろインド製の薬剤のほうが、正規品が安い分偽造業者も鞘が少ないため偽物にかち合う可能性は少ない気がします。

 2つ目は、国内の薬を逆輸入で購入するケースです。

 国内製の医薬品が良ければ「M」や「S」などが昔からあります。実質この2サイトの営業元は一緒なのですが、大阪のほうの薬局さんがやっているサイトで日本製の医薬品を逆輸入出来ます。

 ただし、通関のコストがあるのでなかなか……と言うかかなり高く、その額は病院に行くよりも高いので、病院に行けないがカネはあるというダンディが頼ることが多いようです。

 こういった逆輸入の日本製のジェネリックの偽物は自分が知る限りまだ出てきておらず、ゼロと言うわけでは無いですが偽物はそこまで警戒する必要はありません。

 むしろ偽物よりも健康被害が出た時を気にすべきかもしれません。

 このように、医薬品の個人輸入は、リスクもあるため注意が必要です。

次のページ 
AGA、ED。あの有名薬はどんなもの?

1
2
4
5
関連記事
6
7