不動産執行に携わる者が最も恐れる地獄の存在、“特殊不動産屋”とは<不動産執行人は見た12>

ニポポ
skull-570975_640

不動産執行官をも震え上がらせる、邪悪な存在の実態とは

 心霊現象やオカルト騒ぎ、事件にトラブル、さらには遺体の発見に反社会的勢力の圧力。  不動産執行に携わるものたちは、前記のような一般的に恐ろしいとされる事案に対しても慌てふためくことなく、淡々と仕事をこなす。  少々感覚が麻痺しているのではと言われてしまえばそうなのかもしれないが、気にしたり怖がったりしていると業務に支障をきたしてしまうだけでなく、債務者に付け入られることもある。  同様の理由から、どんなに悲惨で可哀想な境遇の債務者が泣きながら身の上話をはじめたところで、同情したり肩入れすることもない。  おそらく執行を円滑に進めるため、冷静で中立に、そしてゆったりとした言動で債務者の感情を荒立てない振る舞いが身についてくるのではないだろうか。  では、不動産執行に携わる者たちに、恐ろしいと感じたり、怖い存在はないのかと言えば、ある。  亡霊や悪霊すら恐れぬ彼らを震え上がらせる存在。その恐ろしい存在は今も特定の地域に根ざしており、該当の地域を担当地域とするよう命ぜられた執行官が辞職を申し出るというケースも一度や二度ではない。  その世にも恐ろしい存在とは……特殊な不動産屋である。  不動産執行に関わってくる不動産屋は全般的に特殊であり、クセもきわめて強く、一般的に“悪徳”と後ろ指を指される業者も少なくないのだが、その中においても異例と言ってもいい。  彼らの生業は、不動産執行人を喰らうこと。  そう、競売物件や債務者を貪るのではなく、不動産執行人を直接喰らうのだ。
次のページ 
特殊不動産屋の悪辣な手口とは
1
2
4
5
関連記事
6
7