アジア競技大会でも正式採用。eスポーツ市場の拡大は今後要注目

JAEPO×闘会議 2018

「JAEPO×闘会議 2018」で、eスポーツ国内ライセンスの権利を獲得した面々 写真/時事通信社

eスポーツは老若男女が平等に楽しめる娯楽

 一部では盛り上がりを見せているものの、日本でeスポーツが馴染まない原因は主に2つある。 「eスポーツというネーミングが馴染んでいない。本来『スポーツ』は競技や娯楽という意味も含まれるのですが、日本は健康や運動というイメージが強いので『ゲームなんて不健康そうなのに』『手しか動かず汗もかかないなんてスポーツではない』と違和感を抱く人は多いです。また、ゲームは子供の遊ぶものという考えの人も多い」  もう1つは、日本のゲームがガラパゴス状態であることだ。 「日本はゲーム専用機が強いのですが、海外ではPCが主流です。その違いにより、好まれるゲームジャンルも違ってきています。また、タイトル的にも違いが出てきます。例えば日本ではサッカーゲームといえば『ウイニングイレブン』ですが、世界では『FIFA』が有名。一方で、最近はスマートフォンやタブレットでのモバイルゲームもeスポーツ化の動きがあるので日本にとってチャンスといえます。もっとも人気の高い『モンスターストライク』がeスポーツ大会を開いており、高額賞金も出しています」  今後はメディアの露出も増えていく見込みだ。 「AbemaTVによるeスポーツ大会の生配信や、日テレがeスポーツ事業に参入することを発表するなど、メディアも注目しています。またプロではなく芸能人が参加する『eスポーツスターリーグ』が開催され、ゴールデンボンバー・歌広場淳のチームが優勝するなど話題性もあるので、自然とeスポーツの知名度も上がっていくでしょう」
岡安 学氏

岡安 学氏

【岡安 学氏】 元ゲーム情報誌編集部員のフリーライター。最近はeスポーツ関連の記事を多く寄稿。近著に『INGRESSを一生遊ぶ!』(宝島社刊) ― SPA! BUSINESS JOURNAL ―
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right