ろくな少子化対策も論じずに「生産性」という言葉でLGBTの人権を毀損する杉田水脈議員は今すぐ辞職すべきだ

少子化の原因を個人の性指向に求めるトンデモ政治家

 杉田水脈先生は記事の中で、安易にLGBTを認めて、世の中がゲイやレズばっかりになってしまったらどうするんだとおっしゃっていますが、そんな心配は不要です。そもそもLGBTというのは「性的マイノリティ」と言われているように「マイノリティ」なので、少数派なのです。  世の中の多くの人が同性愛に目覚めてしまい、子供を作らない世の中になったらどうしようということで「生産性がない」と言っているのですが、日本ではLGBTの権利が認められるずっと以前から少子化が始まっています。  杉田水脈さんが言うところの「生産性」をなくしているのは、LGBTの権利を認める認めないの話ではなく、政治家の皆さんの無能っぷりです。  少子化に何一つ対策らしい対策を打たなかったばかりか、国民の平均年収が下がっているのに消費税を上げ、共働き家庭を増やしたにもかかわらず保育園問題を放置し、国民が子供を作りづらい環境を作り上げたからです。その政治責任の一切を反省せずに「LGBTは生産性がない」と言い放つほどの腐ったメンタル。こんな劣悪な人間を国会議員にしていると、この国はどんどん生きにくい世の中にされてしまうのです。日本をより良い社会にするためには、まず杉田水脈さんのような人を国会議員にしないことでしょう。 <取材・文・写真/選挙ウォッチャーちだい(Twitter ID:@chidaisan)> ちだい●選挙ウォッチャーとして日本中の選挙を追いかけ、取材活動を行う。選挙ごとに「どんな選挙だったのか」を振り返るとともに、そこで得た選挙戦略のノウハウなどをTwitterやnote「チダイズム」を中心に公開中。立候補する方、当選させたい議員がいる方は、すべてのレポートが必見。
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right