詐欺や悪質アフィリも横行。仮想通貨ICOの裏側

 689倍のクアンタム、480倍のカルダノなど、ICO市場が大賑わいだが、注意すべき点が多いのも事実だ。そんなICOの裏側を認識しておこう。

ICOの裏側1 商材系詐欺の裏で高額な報酬が払われていた!?

 ICO全盛の今、怪しい案件や商材も跋扈している。情報商材系詐欺では「〇〇に上場が決まっている」「〇倍確定!」「限定100名様」などのほか、「残り〇時間〇分〇秒」とカウントダウンし、飢餓感を煽るのも常套手段だ。

 確かにアフィリエイターやマーケッターは集客力がある。だからICOを行う人、特に海外の人間であればなおさらマーケッターに頼ろうとする。そこでは高額な報酬がやり取りされているという。あるマーケッターはこう明かす。

「例えば1000万円の資金調達ができたマーケッターには、200万円ほどの報酬が払われていますね。その後のプロジェクトがどうなるかなんて関係なく、“売ったら終わり”という詐欺まがいのマーケッターがいるのも事実」

 自分で情報収集し、確かめることが重要なのだ。

ICOの裏側2「81%のICOが詐欺」だった!?

 仮想通貨のICOは、株の新規株式公開(IPO)に近いが、似て非なるものだ。

 ICO専門の顧問会社、米サティス・グループがICO関連企業や仮想通貨情報サイト「コインマーケットキャップ」からの情報を分析したところ、「81%は詐欺まがいのものだった」「6%は資金調達が完了する前に事業を中止した」「5%は資金を調達しても、仮想通貨の取引開始に至らなかった」という結果になった。

 一方で、プロジェクトとして成功するのは1.9%、将来有望なプロジェクトは1.8%しかなかった。

 それだけICOに投資するのはリスクが伴うということだ。米証券取引委員会(SEC)をはじめ、各国はICO詐欺の取り締まりに乗り出しているといわれる。

 今後、さらなるICO普及のためには、むしろ規制すべきところは規制し、安全性の高い市場に生まれ変わっていく必要がありそうだ。

― これから10倍になるICO教えます ―

ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7