仮想通貨女子大生・宮脇咲が注目する、新規上場で10倍も目指せる最注目のICOは?

仮想通貨女子大生・宮脇咲氏

仮想通貨女子大生・宮脇咲氏 撮影/山田耕司

 689倍のクアンタム、480倍のカルダノなど、ICO市場が大賑わいだ。将来有望な新コインを仮想通貨女子大生・宮脇咲が解説!

新規上場で10倍も目指せる今年最注目のICOは?

 将来有望なコインから詐欺まがいのスキャムまで、雨後のたけのこのごとく次々と生まれるICO。一体どれが「買い」で、どれが手出し無用なのか。これから始まる咲ちゃん注目のICOを教えて!

「私が今注目しているのは『アトノミー』です。IoTにブロックチェーン技術を導入し、高セキュリティのIoTインフラを構築するそうです。IoTにおけるセキュリティ市場を独自のエコシステムでリードしていくといわれているようです。海外ではすでに人気ですが、日本ではまだ話題になっていません。6月5日から販売が開始され、0.1ETHから購入待ちができます。テレグラムの公式コミュニティがしっかりしているのも安心ですね」

 二つ目に「ラディアン」というコインを挙げる。

ICOの情報サイト『ICO STATS』の創業者エリック・ミラーさんが立ち上げたプロジェクトです。一つの通貨を購入するだけで複数の通貨を保有できるユニークな仕組みです。詳細はまだ公開されていませんが、サポートメンバーも優秀のため今から楽しみにしています。そして三つ目が『WOD』というネパール発のコインです。ほかの国にいても母国の放送をオンラインで見ることができる仕組みなど、すでに利益が出ている状態のため、事業としての成長も期待ができます

 ICOは買ったらガチホ?

「プレセールなどで早く買うことを心がけてください。上場後も上がり続けるならホールド。でも最近はICO価格(公開価格)より下がってしまうこともあるので、上場後の値動きを見て利益確定するのがいいでしょうね」

 ちなみに、プレセールなどで入手できなかったら上場後に購入するのも手だが、高値掴みには気をつけたい。

次のページ 
ICOでも分散投資は有効

1
2
ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7