689倍に480倍も。頭打ちの仮想通貨市場の中、「ICO」に注目すべき理由

仮想通貨女子大生・宮脇咲氏

仮想通貨女子大生・宮脇咲氏 撮影/山田耕司

 689倍のクアンタム、480倍のカルダノなど、ICO市場が大賑わいだ。将来有望な新コインを仮想通貨女子大生・宮脇咲が解説!

689倍になったコインも。今、ICOが一番アツい!

 仮想通貨市場が頭打ちの今、投資マネーの向かっている先が「ICO」だ。  仮想通貨女子大生としてミートアップやコンベンションに参加し、精力的にICO情報を発信している宮脇咲ちゃんは、昨今のICO市場についてこう説明する。 「ICOはInitial Coin Offering(新規仮想通貨公開)の頭文字で、事業やプロジェクトを行うために独自のトークン(コイン、仮想通貨とほぼ同義)を発行し、資金調達することです。今年3月までに実施されたICOで調達された資金額は、’17年の総額をすでに上回りました。それだけ今ICOに資金が向かっているということです」
ICO(Initial Coin Offering)の仕組み

ICO(Initial Coin Offering)の仕組み

 その大きな理由として、想像を絶する爆騰が見込めるからだ。 「’17年に上場したクアンタム(QTUM)は売出価格の689倍! 今年3月に上場したオントロジー(ONT)というコインも売出価格の41倍になっています(6月8日時点)。ICOが人気になるのもよくわかりますよね」 《’17年にICOしたコインの上昇率ランキング》  トークン名/上昇率/売出価格/2018年1月高値/ICO時期 1位 クアンタム  Quantum(QTUM)/68867%/0.15ドル/103.45ドル/2017年3月
クアンタム/Quantum(QTUM)

クアンタム/Quantum(QTUM)

2位カルダノ  Cardano(ADA)/47977%/0.0026ドル/1.25ドル/2017年10月 3位ポピュラス  Populous(PPT)/43106%/0.17ドル/73.45ドル/2017年7月 4位イーソス  ETHOS(Ethos)/36067%/0.03ドル/10.85ドル/2017年11月 5位ペイフェア  Payfair(PFR)/19131%/0.0026ドル/0.5ドル/2017年12月 6位トロン  TRON(TRX)/13900%/0.002ドル/0.28ドル/2017年10月 7位オミセゴー  OmiseGO(OMG)/10575%/0.26ドル/25.62ドル/2017年7月 8位アイコン  ICON(ICX)/10239%/0.121ドル/12.51ドル/2017年10月
次のページ 
ICOで10倍になるコインを見つけやすくなるポイント
1
2
ハッシュタグ
関連記事