いまさら聞けない超初心者向け・仮想通貨取引。取引所選びはどうすればいい?

GMOコイン 仮想通貨投資家たちの悲観する声で溢れた’18年前半を耐え、いよいよ目前には“明るい兆候”が見え始めている。いざきたる「第二黄金期」への備えはできているか? これから仮想通貨投資を始めるビギナーに送る、超実践的「入門書」をしかと読むべし!

仮想通貨を取引するならどこがいい?

 仮想通貨投資を始めるにあたり、まずは口座開設が必要だ。現在、国内の取引業者は十数社があり、各社のHPでアカウント作成や本人確認手続きを行い、その数日後に送られてくるハガキを受け取れば、口座開設は完了になる。とはいえ、どこの業者を選ぶべきなのか?

「取引所を選ぶ基準としては、問答無用で『金融庁に登録されている事業者』であること。“みなし業者”は論外です」

 そう語るのはフィスコデジタルアセットグループ代表取締役の田代昌之氏だ。そのうえで「どのコインを取引したいのか」という観点で選ぶべきだという。

「仮想通貨にはさまざまな種類があるので、なるべく多くのアルトコインを扱っている業者のほうが有利。業者によって扱うコインの種類はバラツキがあるので、買いたいコインから取引所を選択するのがいいと思います」

 そのような観点から、仮想通貨情報アプリを運営するフクロウ氏に、オススメ取引所を尋ねてみた。

「初心者ならまずはビットフライヤーですね。日本最大手業者という実績があるし、アプリも使い勝手がよく、取り扱いコインも豊富。多くは手数料の高い“販売所形式”ですが、最初に手を付けるにはここです。次に堅いのはビットバンク。取引手数料が無料だし、セキュリティに非常に力を入れているのもポイント。また、GMOコインもおススメです。若干手数料は高いですが、日本円をビットコインに換えて海外取引所に送金する際、入金から送金までの手続きの速さが魅力的です」

 口座を作るだけならもちろん無料なので、まずは数社に申し込んでみよう。

《オススメの国内取引所3選》
●bitbank
 リップルの取引量が多いことで知られ、全仮想通貨の取引が手数料無料で行える(キャンペーン期間中)。レンディングも最近開始された。取り扱いコインはBTC、ETH(BTC建てのみ)、XRP、MONA、BCH

●GMOコイン
 取り扱いコインはBTC、ETH、BCH、LTC、XRPの5種類で、それらの信用取引も可能。ただ、レバレッジ取引(最大5倍)はBTCのみ対応。現物取引は販売所しか実装されていない

●bitFlyer
 販売所と取引所(BTCのみ)を併設しており、取引量・ユーザー数・資本金において国内第1位を誇る交換業者。取り扱いコインはBTC、ETH、ETC、LTC、BCH、MONA、LSK

田代昌之氏

田代昌之氏

【田代昌之氏】
フィスコデジタルアセットグループ代表取締役。仮想通貨だけでなく先物・オプション、現物株、全体相場や指数の動向を分析。近著に『プロはこうやって儲ける! ビットコイン相場の読み方』(実業之日本社)がある

フクロウ氏

フクロウ氏

【フクロウ氏】
仮想通貨のポートフォリオアプリ「クリプトフォリオ」などを運営。個人投資家とも繋がりが深く、仮想通貨の最新情報に広く精通している
― 今さら聞けない[仮想通貨]入門ガイド ―

4
5
関連記事
6
7