高金利の新興国通貨でスワップを獲り、なおかつ下落相場でも利益を生む秘策とは?

ショート・ロングの逆ポジション

ショート・ロングの逆ポジション 図版/ミューズグラフィック

「買いが南アランドとNZドルだけだったら、もっと儲かっていました。リラはまだ下げ止まらない気がするので、反発するタイミングがあれば損切りして、南アランドとNZドルに乗り換えようと思っています」  特に南アランドは週足チャートのレンジのなかで規則的に動いているので、持ちっぱなしにするよりも、機動的に取引するのがおいしいのだとか。 「レンジ下限でロングして、スワップを受け取りながら上昇を待つ。レンジ上限に達したら売るという取引を繰り返すと、スワップと為替差益を両獲りできます。加えて、年に何回か暴落局面があるので、そこも狙い目です」  注文はすべて指値で入れておくので、普段はほったらかしでもOK。効率よく利益を求めるにはもってこいだ。 《SL逆ポジションの極意》 スワップ狙い通貨ロングとユーロ/円のショート。為替差益と両獲りを狙え!
大魔王バーン氏

大魔王バーン氏

【大魔王バーン氏】 スワップ狙いのFXと日本株投資を実践するサラリーマン投資家。仕事・育児・投資を華麗に両立させている。FX口座では約300万円を稼働 ― ほぼ放置でカネを増やす極意 ―
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right