麻原彰晃らオウム事件死刑囚の執行のされ方と報じられ方に見る、日本社会の変質

 通常、死刑執行は極秘裏に行われ、事後に犯罪被害者遺族や関係者に伝えられる。メディアが執行を察知するのは、大抵、死刑執行からしばらくたったあとだ。ところが今回はまったく様子が違った。なかには「死刑執行のために東京拘置所に入っていく法務省関係者」の様子を撮影できているテレビ局まである。しかも撮影時間は午前7時。前日までに死刑執行が外部に漏洩していた証拠だ。しかも、午前7時ごろから始まった死刑の様子は、「いま、また死刑が執行されました」とリアルタイムでニュース速報が流れる始末。これではあたかも公開処刑ではないか。  冒頭で触れたように、オウムの所業は最大限断罪されねばならない。死刑も当然だ。オウムが行った数々の犯罪行為、人権蹂躙行為は到底許しがたいものであることは間違いない。だが、一方で、どんな凶悪犯罪者でも人権があることを忘れてはいけない。  我々の住む日本は先進国のはずだ。残虐な刑罰や公開処刑を是とするような未開の野蛮国ではない。感情に走りこのような「死刑の行われ方」を是とするのは、我々の社会こそが「オウム化」しているように見えてならない。 【菅野完】 1974年、奈良県生まれ。サラリーマンのかたわら、執筆活動を開始。2015年に退職し、「ハーバービジネスオンライン」にて日本会議の淵源を探る「草の根保守の蠢動」を連載。同連載をまとめた『日本会議の研究』(扶桑社新書)が第1回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞読者賞を受賞。最近、どこよりも早く森友問題の情報を提供するメルマガが話題(https://sugano.shop/) ― なんでこんなにアホなのか ―
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right