「クルマは債務者から見えない場所に停めろ」この“伝統”が意味していたものは……<不動産執行人は見た4>

不動産執行官は、どこにでも駐車できる特権を与えられる。それが意味するものとは……

 筆者は、不動産差し押さえを行う「不動産執行」を生業の一つとしている。

 最近ではそうでもなくなってきたが、古くから携わる執行官は今でも不動産執行の現場にどこからともなく風のように現れる。

 執行官はもちろん現場を取り仕切るリーダー的立ち位置なので、特別な存在だ。

 言うまでもないが債務者とのやり取りをする頻度などからも、その距離は必然的に縮まる。大抵の場合この距離が程よく近づけば執行はスムーズに運ぶのだが、距離感を誤り、個人間トラブルに発展するケースも少なからずある。

 実際、過去にはトラブルも多かった。

 債務者からの暴言や暴力に妨害といった警察沙汰もあったが、最も多く、そして悪質だったのは執行官の乗る車のナンバーを控え、後日イタズラや嫌がらせをするというケースだ。中には傷害事件にまで発展したものもある。

 そのため、裁判所からの指導もあり、執行官は債務者がちょっとやそっとでは関連性を疑われないような場所に車を停め、遥か彼方から歩いてやってくる。

 ちなみに執行官にはどこにでも車を駐停車できる魔法のライセンスが発行されているため、交通の妨げにさえならなければ、たとえ警察に通報されようが咎められることはない。

 この流れから今回ご紹介する事例は、車に関するトラブル。

 その日の現場は、最寄り駅から車で10分少々という雑然とした住宅街。付近には田畑が多いながらも、中程度サイズの古い団地が人口を増加させていたため、商業施設もある程度便利に利用できる。

「ちょっと難しい方なので十分に注意してください」

 執行前にこのようなアナウンスがあったため、少々緊張の面持ちで現場へ足を運ぶと、そこには拍子抜けするほど気さくな債務者の姿があった。

 ただ一つ、弁護士同席という点を除いては。

 今回の物件は築20年といった建売住宅で土地はフラッグ形状地。地盤は悪くなさそうだが、例によって日当たりには問題がある。

 室内は生活空間と放棄された部屋がわかりやすく区別されており、理由は尋ねなかったが何故か大型の冷蔵庫が3台も置かれていた。

 建築関係の小さな会社を営んでいたようだが、単価の安い仕事を仕事量でカバーするという自転車操業。一度体調を崩すと、その歯車はもろくも崩れ去ったという。

 執行官や不動産鑑定士には気さくな表情を見せる債務者だが、弁護士には厳しい口調で事ある毎に衝突している点が気にはなっていた。この軋轢は現況確認が滞りなく終わった段階で突然に火を吹いた。

次ページ債務者が突如発狂し、BMWを破壊!


この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

手掛かり不足も下値は堅いか

東京市場 ドル円は、先週、トランプ政権が中国からの輸入品500億ドル相当への追加関税を発表し、中国も同規模の報復関税で応じるとの声明をだしたことを背景に米中貿易摩擦への懸念からリスク回避の円買いが優勢となり一時110.30円近辺まで下落しました。 ロンドン市場 ロンドン勢参入後はリスク回避… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「紀州のドン・ファン」がハマった、愛人バンクの麻薬的な快楽とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

「過労死は自己責任」で炎上の田端信太郎氏にみるグローバルマッチョイズムと、その支持者の“病理”

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

「流暢なプレゼン」に隠された落とし穴。聞き手を飽きさせないために本当に必要なこととは?

清水建二

清水建二

微表情学

表情分析技術が確立される前から、卓越していた仏像の表現力

都市商業研究所

都市商業研究所

大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2)

MC-icon

MC正社員

ダメリーマン成り上がり道

人気イベントから一転、過渡期に訪れた「どん底」

mitsuhashi

三橋規宏

石橋叩きのネット投資術

なぜ日本の経済学者は富豪や優れた投資家ではないのか?

shiba

志葉玲

ニュース・レジスタンス

病原菌だらけの海、漁船が攻撃され壊滅状態の漁業――パレスチナ自治区ガザ“海の封鎖”が引き起こす現実

kousaka

髙坂勝

たまTSUKI物語

退職者を量産したバー店主が語る。“いまの世の中「サラリーマンから足を洗いたい」と考えるほうがマトモ!?”

安達 夕

安達 夕

韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望……。根深い男女差別

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由