足立区vs自民党都議の「中学生からの性教育」論争を欧米人はどう見たか?

粘土の人形で自慰行為も教育

 では、進歩的な教育モデルが世界中に知られるスカンジナビアではどうか? 「性教育は絶対欠かせないし、特に日本には必要だと思う。ノルウェーでは、小学校高学年からセックスについて学ぶわ。私の場合は中学校で粘土の人形を使って、自慰行為について教わったのを覚えてる。あれはちょっと気まずかったけど(笑)。性教育に反対する人はバカで、世界の現実をわかってないと思う。セックスを教えることは大切だし、いろんな研究結果を見ると、知識と教育が増えるほど、10代の望まない妊娠が少なくなることは証明されてる。セックスする回数は変わらないか、どういう結果に繋がるか知っている分、多少減るぐらい」(ノルウェー人・女性・32歳)  自分が妊娠してしまう可能性があるだけに、特に女性は性教育の重要性をひしひしと感じているようだ。 「かなり小さい頃から、セックスや避妊、性病について教わって、すごく役に立った。たしか学校では8歳のころに教わったと思う。もちろん、それより前に年上の兄や姉からセックスについての話は聞いてたし、テレビやインターネット、ポルノの情報も知ってた。授業ではバナナにコンドームを着けたりしたわ。みんなずっと笑ってたけどね。今の時代はみんな音楽やソーシャルメディア、雑誌の情報に晒されてるから、小学校低学年から性教育をすることはスゴく重要だと思う。知らなかったり、『いやらしいことだ』と思って育ったら、大きくなってセックスに触れたときおかしくなるはず。日本には変なポルノが多いけど、それも性教育とかがしっかり行われてないからじゃないかな」(イギリス人・女性・33歳)  このご時世、セックスについて触れないまま育つのは不可能だろう。どうやって避妊するのか? 性感染症を防ぐにはどうすればいいのか? 正しい知識を知らないまま、アダルト動画や成人漫画でセックスを“学ぶ”現状は不健全だ。 <取材・文/林 泰人>
ライター・編集者。日本人の父、ポーランド人の母を持つ。日本語、英語、ポーランド語のトライリンガルで西武ライオンズファン
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right