永遠の問題、「家は買うべきか借りるべきか」論争に一つの解決策!

HBO取材班
pixta_20250249_S

KY / PIXTA(ピクスタ)

 巷では、老後を安心して暮らすには3000万から、多ければ5000万も必要だと言われている。そのため、若い頃から「老後のために」と節約に励んで貯金をする人も多い。

 しかし、「小さな節約を積み上げる以上に大切なことがあります。それは住宅と生命保険の問題。人生の可処分所得のうち、多くの人は半分を住宅と保険に費やしています。住宅と保険で失敗すると、あくせくしても取り返しがつかなくなってしまうことが多いのです」と言うのは経済評論家の佐藤治彦氏だ。

 確かに、住宅は人生で最も大きい買い物だ。そして、「家は借りるべきか買うべきか」に頭を悩ませている人も多いだろう。

「私は、『住宅は買うべきか、借りるべきか』という質問を、25年くらいにわたって聞かれ続けてきました。『買いたければ買えばいいじゃないでしょうか』と答え続けてきましたが、これは本音です。スポーツカーを買うのが夢だったと言う人に、レンタカーでいいじゃないかとは言わないでしょう? 同様に、マイホームを手に入れるのが夢だ、という方は買えばいいと思います。

難しくなるのは、『どちらが得か』を考えたときでしょう。どちらが得か、で問うてくる方には、住宅を手に入れることによって背負うことになるリスクを考えていますか? と問い返したいのです」

 老後の問題について考えるときに大切なのが、「手元の資産構成」なのだとか。

「持ち家が売れない時代」はすぐに来る

 佐藤氏は、「資産が5500万円あるという人でも、そのうち4000万円は住宅、1000万円は亡くなったあとに支払われる生命保険、貯金は500万円」という人をたくさん見てきたという。

 老後資金が500万だと少ないような気がするが、家が持ち家なら、家賃がかからない分、生活費が抑えられるし、いざというときに家を売却すれば少なからぬ資産になるのではないだろうか?

「たいがいの人は、シニアになったとき、家は持っているけど現金はたくさん持っていません。上記の例のように、家はあってもカネがないという状況で、老後は安心でしょうか? いざとなったら家を売ればいい、と思っているかもしれませんが、今後、簡単に家は売れない時代を迎えます。2013年の空き家率は全住宅の13%、野村総研の調査では、2033年には2000万戸を超えると予測されています。

30代、40代でマイホームを手に入れ、終の棲家ができて安心だと思うかもしれませんが、一般的な住宅は30年経ったら建て替えです。その立て替え費用は考えているでしょうか? 30年前のキッチン、30年前のお風呂を、我慢して使い続けられるでしょうか? 今は『我慢できるだろう』と思っても、40年後は介護用のお風呂が必要になるかもしれません。思わぬ修繕費や固定資産税もかかってきます。

さらにマンションの場合、老朽化したら強制的に立て替え費用を出さなくてはいけなくなります。マイホームがあるから一生住宅については安心、ではないのです」

次のページ 
「家を買うべきか?」への最終回答

1
2
年収300万~700万円 普通の人がケチらず貯まるお金の話

節約しているのにお金が貯まらないという人はまず年に2回の大掃除から!

4
5
関連記事
6
7