新潟県知事選でも“争点隠し”で得意の組織選挙を展開か? 二階幹事長の“シナリオ”

「花角氏ありき」の政治ショーがすでに始まっている

二階幹事長

二階俊博・自民党幹事長

 米山隆一・前新潟県知事の突然の辞任で、再び与野党それぞれの統一候補が激突する見通しとなった新潟県知事選(5月24日告示・6月10日投開票)。

 与党陣営は米山氏辞任会見の2日後の4月20日、“選挙の神様”“政界の寝業師”との異名を持つ二階俊博幹事長が県連会長の塚田一郎参院議員と自民党本部で面談。「政党色を薄める」という方針で一致する一方、二階幹事長の運輸大臣時代に秘書官を務めた、海上保安庁次長の花角英世氏が本命候補として浮上した。

「二階氏のシナリオ通り、『花角氏ありき』の結末に向けた政治ショーがすぐに始まったようです」と解説するのは地元記者だ。

「与党陣営は、1年半前の米山陣営の手法をマネしました。前回、米山氏に出馬要請をした『新潟に新しいリーダーを作る会』によく似た団体『新しい新潟を考える』を4月27日に設立。これに自公県議や各種団体が参加したのです。続く第二幕で、その団体が花角氏待望論を発信して出馬要請をする。

 そして第三幕で“県民党候補”としての出馬要請を花角氏が受ける、という筋書きです。その後は、自民党本部お墨つきの官僚出身者である花角氏を、自民党支援各種団体企業(建設業界や農業団体や医師会など)が全面支援して、知事ポスト奪還を目指すという形になるでしょう」

丸抱え選挙で当選した官僚出身者は、与党の意向に逆らえるのか!?

二階講演

二階幹事長は、前回の新潟県知事選でも現地入りしてテコ入れ。農業土木関連団体などでも講演を行い、投票を要請した

 花角氏は泉田裕彦元知事の時に副知事をつとめ、原発再稼働にも慎重な立場をとっているという。しかし、莫大な選挙資金も組織も持っていない官僚出身者が、自民党や友好団体企業の応援を受けて当選した場合、丸抱え選挙の“恩返し”を迫られて原発再稼働容認に舵を切っていく事態は十分に考えられる。

 しかも、自公推薦候補が今回も敗れれば「安倍首相では来年の統一地方選や参院選は戦えない」という声が強まり、総裁選3選がさらに厳しくなる。自民党本部や官邸が、国政選挙以上の総力戦を仕掛けてくるのは確実だ。

 辺野古新基地建設について触れない“争点隠し選挙”で自公推薦候補が勝利した沖縄県名護市長選では、当選後に新市長が新基地建設を前提とする「米軍再編交付金」を受け取ったことが露呈した。同じような“争点隠し選挙”を新潟県知事選で繰り返す可能性も高い。

次ページモリカケはどこまで知事選に響く?


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は111円台を抜けるも上値の重い展開に

 先週金曜日のドル円は、東京市場では時間外の米10年債利回りの上昇を手掛かりにしたドル買いが入ったほか、5・10日(ゴトー日)とあって仲値にかけての買いも観測され、一時111.00円近辺まで値を上げました。もっとも、米長期金利が低下に転じたこともあって持ち高調整売りが入り、110.80円近… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「頑張りたくない」平成生まれ女子とマッチングするために昭和生まれ中年男性に必要な意識とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

20億円詐欺の「若作りおばさん」があぶり出した女の虚栄心

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

なぜ栗山英樹監督の「殺し文句」は、大谷選手を口説き落とせたのか?

清水建二

清水建二

微表情学

叱られているのにヘラヘラしている部下を、さらに怒鳴ってはいけない理由

都市商業研究所

都市商業研究所

三越のライオンが「ねこ」に!?――猫の手も借りたい!デパートで増える「ねこ系アートイベント」

安達 夕

安達 夕

韓国・文大統領の側近が有名ブロガーと接触し、世論操作した疑いが浮上。早くもまた政権交代か

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由