イーサvsネオならどっち?仮想通貨[バカ勝ちコイン]3番勝負

仮想通貨

ビットコイン、イーサリアム、リップルそれぞれの「似たものコイン」との3番勝負!

 仮想通貨には似た性質を持ったり、値動きが妙にリンクするコインがある。どっちに投資するか悩む投資家が多いなか、より上昇率の高いコインを選べば多く儲けられるはず。そこで、投資家の’18年後半予測をもとに「似たものコイン3番勝負」を敢行した!

《バトル1》BTCvsBCH 仮想通貨界の基軸通貨の座を争う親子対決

 仮想通貨界の基軸通貨であるビットコイン(BTC)。その座を虎視眈々と狙うのが、昨年8月に生まれたビットコイン・キャッシュ(BCH)だ。いずれは基軸通貨になることを期待されるBCHだが、いまだBTCの牙城は堅い。

「“デジタルゴールド”と異名されるとおり、BTCは実際に使われる用途より仮想通貨の基軸であり、象徴的な意義が大きくなっています。そのぶん取引が増加すると送金詰まりが起こるなど課題がある。そうした不安を解消するために生まれたBCHなので、今後は通貨としての実需が期待されています」

 そう解説するのは、個人投資家のシャア大佐氏だ。では、今後の値動きはどうなってくるか。

 昨年後半、BCHはBTCの時価総額の約50%に迫るほど急伸したが、現在は1BCH=15万円弱で、5分の1以下。ただ低迷は値上がり余地がある証しともいえ、シャア大佐氏によれば「5月中旬のイベントに注目」だという。

「BCHはハードフォークを行い、性能をUPさせる予定なんです。今は材料が少ないですがハードフォーク以降にまた材料が出て盛り上がってくるのではないか。おそらく’18年後半はBTCも値上がりするでしょうが、BCHはそれ以上に期待が持てる。僕は年内にBTCが300万円に達するころに、BCHは60万~90万円にいると予測しています」

 予測どおりになれば、500%以上の上昇も夢ではない。進化したBCHの大爆発に期待だ。

《期待上昇率》
・ビットコイン(BTC)期待上昇率約208%
・ビットコインキャッシュ(BCH)期待上昇率約552%
BCHは決済手段としての利便性向上を目指す。今月15日前後にハードフォークを控えBCH爆騰への準備は万全。「BTCが300万円に達するころBCHは90万円前後に上昇し差を詰めるはず」(シャア大佐氏)
※各銘柄の上昇率などは4月25日の終値から算出

次のページ 
バトル2はICOプラットフォーム多様コイン対決

1
2
3
《ビットコインで億超えしたノウハウ本発売》

トレードは週1回! 少額でも月30万円儲かる ビットコイン革命

FXで培ったトレード手法を仮想通貨向きにアレンジし、FXに続き仮想通貨でも億の資産を達成したひろぴー氏。その基礎となるテクニカル分析などトレード法を公開

ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7