20億円詐欺の「若作りおばさん」があぶり出した女の虚栄心<北条かや>

山辺節子

若いフィリピン人男性と愛人契約まで結んでいた山辺節子

北条かやの「炎上したくないのは、やまやまですが」【その24】

 4月19日、熊本地裁。『つなぎ融資の女王』こと山辺節子被告(63)は、知人から約1億7700万円をだまし取ったとして懲役7年(求刑懲役10年)を言い渡された。

 大企業の名をかたり、会社役員らからだまし取った金は20億とも27億とも報道されている。

 ちまたでは、そんな山辺被告が判決を前に書いたという手記が話題だ。『週刊新潮』4月26日号にその一部が掲載されている。

 約1年前、タイで熊本県警に逮捕された山辺。彼女が知人から集めた20~25億円以上ともいわれる金額もたいそうだが、その外見が「若作りしすぎ」と世間をざわつかせた。

 62歳の年齢に見合わぬ、露出の多いファッションに「聖子ちゃんカット」。テレビやネットニュースが何度も報じたので、覚えている人も多いだろう。

「自称38歳」「若いフィリピン人男性を愛人にしていた」「歌舞伎町ホストクラブで豪遊」などの続報が出るにつれ、いい年の女が詐欺で集めた大金を若いツバメに貢いだあげく逮捕、という三文小説にもならない物語がどんどんできあがっていった。しかも実話だからシャレにならない。

 山辺被告の手記によると、彼女の心には幼少期から「生き物」が住んでいたそうだ。「生き物」の実態が、自伝特有のナルシシズムに満ちた文章で説明されるさまは興味深い。

「生き物無しでは一分たりとも私は、生きられなかったのだから。どんな場所でもどんな時も、誰よりも美しく誰よりも品の良い宝石を指に胸元に光らせ、一番目立っていなければならない。そのうえ、羨望の視線を受けなければならないのだ」(『週刊新潮』4月26日号より)

「生き物」の正体は、明かしてしまえば大金を使って見栄を張る虚栄心ということになるが、それと同時に彼女に備わっていたのが男性を操るテクニックだ。

「先生から叱られると、じいっと相手の目を見てまばたきせず、涙をつうっと一粒流す。(中略)男性先生だけに通用する技だ。反比例するように女子や女性からは、どんどん嫌われていく」

 このテクニックを解説する際、山辺被告は自分が「元来の美人ではないことを知っている」と独白する。だからこそ、「装いと誰にも負けない雰囲気作り、表情、声、話し方、しぐさこれらを細かく分析し、相手や場所に合わせてまるで一枚のパズル絵のように仕上げていく」のだ。

次ページ虚栄心に振り回された女


この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は111円台を抜けるも上値の重い展開に

 先週金曜日のドル円は、東京市場では時間外の米10年債利回りの上昇を手掛かりにしたドル買いが入ったほか、5・10日(ゴトー日)とあって仲値にかけての買いも観測され、一時111.00円近辺まで値を上げました。もっとも、米長期金利が低下に転じたこともあって持ち高調整売りが入り、110.80円近… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「頑張りたくない」平成生まれ女子とマッチングするために昭和生まれ中年男性に必要な意識とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

20億円詐欺の「若作りおばさん」があぶり出した女の虚栄心

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

なぜ栗山英樹監督の「殺し文句」は、大谷選手を口説き落とせたのか?

清水建二

清水建二

微表情学

叱られているのにヘラヘラしている部下を、さらに怒鳴ってはいけない理由

都市商業研究所

都市商業研究所

三越のライオンが「ねこ」に!?――猫の手も借りたい!デパートで増える「ねこ系アートイベント」

安達 夕

安達 夕

韓国・文大統領の側近が有名ブロガーと接触し、世論操作した疑いが浮上。早くもまた政権交代か

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由