人権を軽んじ、国家を私物化する為政者に学生が蜂起! 広がるニカラグアのオルテガ大統領退陣運動

 反政府派が集まった「民主主義へ広い戦線(FAD)」も現在起きている騒動に乗じて勢力を取り戻しており、リーダーのビオレタ・グラネラは「唯一、二つの出口しかない。オルテガが大統領を辞任することか、或いは自由で透明な選挙を即刻実施することだ」と述べている。(参照:「Excelsior」)

「今、この国は正義を求めて戦っている」

 オルテガ大統領は国家の騒乱が続いている5日目になって社会保障制度の改正プランを取り下げると言明したが、反対派は暴動が鎮静化したらまたそのプランを引き出して来ると思っており、オルテガ政権を打倒するまで問題は解決しないと判断しているようだ。抗議に参加している学生のひとりエリック・ローチャは「独裁者のいないニカラグアを望んでいる。人権を尊重しない現政府のせいで、我々が苦しむのは公平だとは言えない。大統領が言っているような対話はこの国には存在していない。それは我々を嘲笑する発言だ」と述べて、オルテガ政権の終焉を要求している。(参照:「El Pais」)  イエズス会の聖テレジア派のジセレ・ゴメスは「今この国は正義を求めて戦っている。平和な行進から始まったのだ。それを政府は今、市民を抑圧するようになっている。大統領はシニックだ。それを自覚していないようだ。私はサンディニスタの改革に参加し、それに期待していた。だから今、裏切られた気持ちで憤りを感じている」と語っている。  始まりは単に社会保障の改正案に反対する抗議だった。しかしそれが、人権を軽んじ、国家を私物化する為政者を引きずり下ろすための運動に発展している。11年間の独裁政権に、市民の不満が一気に爆発したのである。 <文/白石和幸 photo Cancillería del Ecuador via flickr(CC BY-SA 2.0) > しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営する生活。バレンシアには領事館がないため、緊急時などはバルセロナの日本総領事館の代理業務もこなす。
しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right