偉人の部屋は汚かった!? 無理にミニマリストを目指すと才能が潰れることが明らかに

片付けで能力が引き出されるタイプと、そうでないタイプの違いとは?

 その事に繋がる、こんな具体例をご紹介しましょう。  以前、ある主婦の方から、旦那の部屋が片づかないのをどうにかしたいというご相談をいただきました。その方の話をお伺いしながら、旦那様とも一緒にお話をする機会を設けていただきました。  そこで旦那様の職業をお伺いすると、広告業で企画・立案をするような、クリエイティブな分野で仕事をされていることがわかりました。  そのことが分かったので、僕はこんな質問をしてみたのです。 「奥様が満足されるよう旦那様の部屋を片づけてスッキリさせるということは、旦那様の仕事のクオリティを落として、収入減に繋がる可能性があります。奥様は質素に暮らすことが理想ですか?」  そうお伺いすると、「収入が減ることを理想にする訳がないじゃないですか!」と、彼女は語気を荒げられました。  やり取りをしながら、僕が質問したことの真意をお伝えすると、奥様が旦那様に対する見方が変わり、旦那様もご自身の片づかない状態に対する罪悪感がなくなり、仕事でも今まで以上に結果を出すように。結果的に、関係性も改善されていったのです。  綺麗に整った部屋よりも、散乱した部屋で活動をしていた方が、人はクリエイティブになるという研究結果があります。ミネソタ大学のキャスリーン・ヴォース教授は、このように述べています。 「散らかった環境は古い習慣から脱却させ、新しい考え方を生み出すためのインスピレーションを与えます。いっぽう、整理整頓された環境は習慣を大切にし、失敗しないよう促す傾向にあります」  片づけとは、そもそも、どんな行為なのか。その基本的な部分から見ていくと、決まったイメージから逆算して現在の行動を決める行為が、片づけです。  この観点から見たときに、綺麗好きの方や、片づけが得意な方は、決められた範囲で行動するスペシャリストと言い換えることができますが、裏を返せば、枠内思考になりやすいのが、綺麗好きタイプでもあります。  逆に、片づかないタイプの人を、見方を変えて捉えると、「既存の枠を超えた発想ができる人」でもあるのです。  先ほどのご相談に話を戻すと、今回の旦那様もまた、「既存の枠を超えた発想ができる人」でした。だからこそ、そんなタイプの人が片づけを意識しすぎると、小さな発想の枠に収まってしまうことで、持ち前の才能を伸ばせなくなる可能性が大いにあるのです。  そしてこれは後日談ではありますが、結果的に旦那様は、奥様が何も言わなくても、積極的に片づけるようになったと話をしてくれました。  もちろん、旦那様は今でも常に片づいた状態でいるわけではありません。ただ、それ以来奥様は、旦那様の部屋が散らかる時は、「何か新しいものを生み出そうとしているのかな?」と、考えるようになったとのこと。  だからこそ、その状態に目くじらをたてることもなく、そっと見守るようにしたそうです。そして、そんな状態の時にこそ、逆に旦那様の応援をするように心がけたようです。  すると、一通り考えて何かが生まれた後には、気分転換に自分で片づけをするようになったとのことでした。  散らかった状態があっても良いと思えると、必要を感じた時に自発的に、積極的に片づけるものです。  人生をより豊かに過ごすことを目的にするならば、その人らしさを見据えた上で部屋の片付けを捉えていくことが大切です。  世間の流れに翻弄されて、「ミニマリスト」になることが良いと思い込んでしまうと、人によっては自分の才能までもが「ミニマム化」されてしまう可能性があることは、肝に銘じておいたほうが良いことでしょう。 【伊藤勇司】 日本メンタルヘルス協会カウンセラー。引越業に従事していた頃、「部屋と心の相関性」に着目し、1000軒以上の現場をもとに独自の「空間心理」理論を確立。片づけの悩みを心理的な側面から解決する「空間心理カウンセラー」として2008年に独立。セミナー、講演、セッションを、これまで約10,000名に実施。クライアントは主婦から企業経営者、作家などまで幅広い。著書に、最新刊『座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋』(WAVE出版)10万部を突破中の『部屋は自分の心を映す鏡でした。』(日本文芸社)。 空間心理カウンセラー・伊藤勇司公式ブログ
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right