民進・希望が合併新党へ 蚊帳の外に置かれた細野豪志・元環境相の悲哀

行き場を失った細野氏は自民党へ?

細野氏

「新党に参加せず」細野氏は自民党へ?

 代表選で岡田克也・衆院議員に惨敗すると細野氏は孤独を深めていった。前出の記者は語る。 「細野氏は神輿を担ぐタイプで、リーダーには向かない。だから、党内からはずいぶん、馬鹿にされていました。それで、民進党をいち早く離党し、小池百合子・都知事に近づいて行った。  細野氏は『希望の党』のチャーターメンバーです。本人は候補者選定に携わり、民進党・合流組を『公認を出す、出さない』の選対責任者について、ふるいにかけて恨みを晴らしたかったのでしょうが、けっきょくは若狭勝・衆院議員(当時)が民進党・合流組との調整をはたして夢はかなわなかった。いち早く党を見捨てた民進党・旧民進党の議員からは完全に嫌われていますよ。  だから、『希望の党』を三つに分党する案があったときにも、どこも細野氏を入れようとはしなかった。希望の党でも完全孤立していたのです」  その結果が細野氏の「新党に参加せず」発言だという。「参加しない」というより、「参加できない」のが実態だ。細野氏は無所属になって、いったいどこへ行くのか。 「結局、自民党に行くんじゃないでしょうかね。細野氏は選挙に強いから、対抗馬で出た自民党・候補にトリプルスコアをつけて当選し、相手の復活当選を許さなかった。もはや、彼の進むべきはこの道しかないでしょう」 <文・写真/及川健二(日仏共同テレビ局France10記者)>
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right