IoTによる遠隔パチンコは、業界に新たな可能性をもたらすか

HBO取材班

オンラインパチンコ

ついに始動したオンラインパチンコは、縮小傾向にある業界に革命をもたらすのか?

 IoT技術によるパチンコ・パチスロ遊技機の遠隔遊技が、パチンコ業界を大きく変えるかも知れない。そんな可能性を感じるサービスの提供が始まった。
 4月5日、GINZA Lounge ZEROにおいて、(株)IoTエンターテインメントは、IoT技術とパチンコ・パチスロを融合した新しいサービス提供の発表を行った。

 サービス名は「Amulive(アミュライブ)」。業界誌の報道によれば、
「同サービスは、サービス利用者がスマホやタブレット、PCを使ってオンライン上で、遠隔地にある実機(パチンコ・パチスロ)を操作して遊技できる新しいサービスだ。従来のインターネット上の遊技サービスでは、アプリやゲームのバーチャルが一般的だったが、アミュライブは実際の遊技機をライブで遊ぶことが可能となり、実機ならではの臨場感が楽しめる」

 という。

 同サービスは、4月5日から正式にリリースされている。「Amulive」のサイト上には、2つの仮想店舗がある。店舗名は「熱っスロ オープン記念店」、「熱っスロ2号店」。現時点では、それぞれ70台、77台のパチスロ機が「設置」されている。機種構成は「アイムジャグラー」等の5号機の人気機種の他、一部4号機のスロット台も置かれている。
 実際にプレイしてみると、ユーザーは、クレジットカード決済によるサイト内コイン「LP」を購入する。そのLPでメダルを購入し遊技をする流れ。

 1000円で8000LPが獲得でき、メダル50枚が1000LPなので、実際のパチンコ店の感覚で言えば、「2.5円スロット」と同様の遊技が出来る。獲得したメダルは遊技終了と同時に、自動的にLPに換算され、保有LPが増える仕組みだ。

実際のプレイ画面

実際のプレイ画面

 カメラの画像を通じた実機をオンライン上で遊技する感覚は、今までのオンラインパチスロのそれとは違い、確かに臨場感がある。
 一方、通信環境にも大きく左右されるのであろうが、実際にパチスロ機でやる場合に比べ目押しの難易度は高くなっている。

 IoTエンターテインメント側は、4月中には目押しアシスト機能を実装する予定であるとしており、今後、オートプレイ機能やチャンスボタン機能等の実装も視野に入れている。

 今後、機能がより充実すれば、純粋な遊技としては「あり」なのかも知れない。

次のページ 
当面の課題は景品提供
1
2
4
5
関連記事
6
7