大人気の東南アジア新興国マンション投資。思わぬ落とし穴にご用心

東南アジア 海外不動産投資、とりわけ東南アジア新興国のマンション投資が、相変わらず人気だ。タイやマレーシア、フィリピンなどでは、割安で物件を購入できるだけでなく、経済成長も著しいため、転売益と家賃収入がともに見込めやすいことが人気の秘密になっている。だが、ここに来て、風向きが少々変わり始めているようだ。 「外国人名義で土地も住居も保有できるマレーシアが、これまで特に人気でした。しかし、今年から外国人による不動産の最低購入金額が3000万円に引き上げられ、非常に買いづらくなっています」と話すのは、海外不動産投資の勉強会「アジア太平洋大家の会」を主宰する鈴木学氏だ。  また、言われているほど、投資自体が簡単ではないという実状もある。 「物件完成の数年前に安く買い、完成後に高値で売る“プレビルド”という値上がり益目当ての投資が主流。つまり、物件購入後の数年間はお金を払いっぱなしの状態が続きます。途中で資金繰りがキツくなっても、未完成の物件を取引する市場が未整備なためにすぐには売れません。また、資金的に持ちこたえて物件が引き渡されたとしても、巨大マンション開発だったりする場合、何年かごとに分けて建設されるので、住居部分が完成しても共用部分が未完成だったりして不動産価値が高まらず、すぐに売れなかったり、貸せなかったりすることも。物件購入後1~2年は、カネが入って来ないと考えたほうがいいでしょう」  加えて、業者のリスクも問題だとか。 「不動産業が免許制ではないので、業者の多くが金融やホテル業上がりでプロではありません。ロクでもない物件をつかまされたり、倒産・廃業のリスクもあるので覚えておくべきですね」 <取材・文/HBO取材班>
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right