安倍夫妻によって国家はどこまで壊されるのか――福島のぶゆき×菅野完対談

菅野完

ウヨクビジネス

菅野 しかし先頃公開された決裁文書を読んでいるのですが、これまでずっと取材してきた取材者という立場を除いて、一社会人として見たときに、あの紙は近畿財務局の悲鳴にしか見えません。こんなことをさせらされた、という声なき声がつまっているような気がします。 福島 本当はやってはいけないのだけどやっていますよ、と言っているわけです。あれは近畿財務局の誰かが書いたのではないと思います。こういう起案をしなさいと指示されて無理やり書いた。あんな生々しい政治家などの関わりの記述があったら、係長くらいのレベルで「なんだこの怪文書みたいな決裁書は」といって普通は潰されます。 菅野 本当によくこんなこと書けるなというところまで書いてある。 福島 あと言えるのは、菅野さんの愛読者が書いたのではないかと(笑) 菅野 『日本会議の研究』の?(笑) 福島 決裁文書に日本会議の話が出てきて、麻生さんが副会長だとか安倍総理が副会長だとか書かれています。菅野さんの本が出たのとどちらが先かわかりませんが、よく読んでいらっしゃる。そのうちネットでは、菅野完が起案したのではないかなどといった話が出るかも知れません(笑) 菅野 いや、それなら名誉なことです(笑)国有財産を右から左に流す話で、日本会議のメンバーの名前なんてまったく必要ないですからね。でも今回は必要だと思ったから入れられていた。なぜ必要だと思われたのか? 福島のぶゆき×菅野完2福島 それは私が昨年2月17日に質問したきっかけと同じで、政権自体が特定の思想を掲げる人を優遇するような仕組ができているのではないでしょうか。それで日本会議の人間ならいろいろな便宜が受けられるといって、たかっている人がいる。ある意味、ウヨクビジネスなわけです。 菅野 このインタビューは、必然的に私の読者が読む人が多いので断っておきますが、日本会議というのは福島さんもご存知の通り、利権集団ではまったくないですよね。 福島 本来はそうです。 菅野 組織そのものも別に利権の斡旋をする余力も能力もない小さい団体なのですが、会員の人たちが勝手に「君も日本会議、僕も日本会議。じゃあ……」といってうまくいく話などあるのでしょうか。 福島 権力に近くて、俺たちが国を動かしているのだから利益を得られて当然、と膨らんでいっている現実があると思います。中国のように、共産党に入らなければ会社も経営できないから、みんなマルクスも毛沢東も読んだことないけど中国共産党員になります、というのと一緒ですよね。 菅野 日本会議の場合は、行き着く先が毛沢東やマルクスではなく、谷口雅春なわけです。宗教だと言うことでドッチラケするはずなのですが、みんな深みに入っていかないわけですよね? 福島 私はあなたの本を読んでいないからわかりませんが(笑) 菅野 よく言いますよ(笑)。  福島氏が、昨年の選挙を振り返るとともに、今後の野党の取るべき戦略について語る後編は近日公開予定! ※2018年4月9日 後編「公文書改ざんの重みと、国家の重みが理解できない安倍首相――福島のぶゆき×菅野完対談(後編)」公開しました!(HBO編集部) <取材・文/菅野完 撮影/菊竹規> すがのたもつ●本サイトの連載、「草の根保守の蠢動」をまとめた新書『日本会議の研究』(扶桑社新書)は第一回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞読者賞に選ばれるなど世間を揺るがせた。現在、週刊SPA!にて巻頭コラム「なんでこんなにアホなのか?」好評連載中。また、メルマガ「菅野完リポート」(https://sugano.shop)も、目下どこよりも早く森友問題などを解説するメディアとして注目されている。
1
2
3
関連記事