女性に人気の英国ブランド「ローラ・アシュレイ」が日本撤退! その背景は?

淡川雄太
 英国発の家庭用品・アパレルブランド「ローラ・アシュレイ」が日本から姿を消してしまうかも知れない。

 ローラ・アシュレイを東アジアで展開する「ローラ・アシュレイ・ジャパン」が事業から撤退し、2018年9月までに全店舗を閉店する方針であることを2月2日に発表したのだ。

ローラ・アシュレイの店舗

実は日本では「イオン傘下」だった

 ローラ・アシュレイは1968年にイギリス・サウスケンジントンに1号店を出店。1985年に日本初出店を果たすと、ポップな花柄をモチーフとしたデザインの家庭用品やホームウェアなどのアパレル商品は広く受け入れられ、人気となった。

 1986年にはジャスコグループ(現:イオングループ)主導のもと、イギリス「ローラ・アシュレイ」社との共同出資で「ローラ・アシュレイ・ジャパン」を設立。全国の百貨店や駅ビルを中心に、グループの利を生かしてイオングループの大型店への出店もおこなっていた。また、近年はサンリオやユニクロとのコラボレーションも行ったことも話題となった。

 そう、実は「ローラ・アシュレイ・ジャパン」はイオン傘下の企業が展開していたものだったのだ。

 イオングループは、2018年9月にイギリス「ローラ・アシュレイ」社との契約満了を迎えるのに伴い、契約を更新しないことを発表。日本国内の108店舗(2月現在、アウトレット店を含む)は全て閉店させる方針だという。同社は台湾や香港でも「そごう」などの日系百貨店を中心に出店しており、それらの国外店舗も閉店となる可能性が高い。

ピンク基調のポップな花柄は長年親しまれたが……

次のページ 
都心型商業施設不振も原因か?

1
2
4
5
関連記事
6
7