東京マラソンを「集客ビジネス」にするために必要な複合戦略

細川昌彦
tokyomarathon

撮影/mrhayata

 今年の東京マラソンも大盛況で終わった。私もこれまで今年も含め何回かランナーとして参加しているが、2007年からスタートした東京マラソンの運営も年々進化しているのを肌で感じる。

 昨年から東京の顔である東京駅前をゴールにする新コースに変更したのは大正解だ。ゴールした時のランナーの感動もひとしおだ。日本人らしい緻密な大会運営にはいつもながら感心するが、さらにもう一つ加わったのが「世界一安全・安心なマラソン大会」だということだ。ボストンマラソンの爆破テロも教訓にして、コース沿道も含めた監視体制を相当強化している。

応援の前に「地下鉄の縦割りの壁」

 東京マラソンの魅力は沿道の応援にある。24もの沿道の会場でランナーを応援する音楽演奏・ダンス・民俗芸能などのパーフォーマンスで盛り上げる。東京の強みは全コース途切れることのない、沿道を埋め尽くす200万人もの大応援だ。これは他のマラソン大会との大きな違いだ。

 しかも東京は地下鉄網が縦横に整備されている。応援する人々は応援したいランナーのペースをネットでチェックしながら、順次都内を地下鉄に乗って移動する。予め一日乗り放題の乗車券も配られている。ランナーのペースごとのモデル移動コースの案内情報もある。まさに至れり尽くせりの顧客サービスだ。

 しかしここに東京特有の課題もあった。配っているのは東京メトロで、掲載されている案内情報は東京メトロに関してだけで、都営の路線情報は記載がない。ところが終盤のコースは三田、品川方面を往復するコースで、これが対象外になってしまう。

 もちろん一日乗り放題乗車券では都営は乗れない。これこそ縦割りの弊害だ。東京の人々は理解できても、地域外、ましていわんや外国人は理解不能で戸惑ってしまうだろう。

次のページ 
「マラソン後、別に他のイベントがないので、すぐに帰国する予定だ」

1
2
4
5
関連記事
6
7